魚のプロが書きました!おすすめ水産物の記事まとめ8選【2018年版】

魚のプロが書きました!おすすめ水産物の記事まとめ8選【2018年版】

魚のプロが書きました!おすすめ水産物の記事まとめ8選

めだか水産広報部では『メダカ』『水産物』『おさかなにまつわる雑記』の主に3つのジャンルで記事を作成しています。

このまとめ8選は、過去にめだか水産広報部で紹介した美味しいサバ缶や燻製類、珍味類などの記事をまとめたものです。

美味しい缶詰や水産物が食べたい!と思っている方や、知られざる美味しい珍味を探している方におすすめです。

スーパーなどの一般の小売店ではあまり見かけない、本当に美味しい高級なものが中心になっています。

【サバ缶】木の屋石巻水産『サラダサバ』は鮮魚から即缶詰加工で臭みもないヘルシー美味しい最強缶詰!

【サバ缶】木の屋石巻水産『サラダサバ』は鮮魚から即缶詰加工で臭みもないヘルシー美味しい最強缶詰!


2018年8月の新商品として登場したサラダサバ。ダイエッターの間ではたいへん話題になった商品のようです。

たんぱく質が豊富で糖質はほとんどない、低カロリーの最強サバ缶。まとめ買いすると便利です。

しかもおさかなマニアが喜ぶ、鮮魚から缶詰を作るフレッシュパック製法で鮮度抜群です。本当に美味しいのでオススメできます。

【サバ缶レビュー】『三星 旬どれ 八戸さば水煮』旨味が強い高級サバ缶

【サバ缶レビュー】『三星 旬どれ 八戸さば水煮』旨味が強い高級サバ缶


こちらはまだあまり売っていない?レアなサバ缶です。

サバ缶は基本的に食塩とサバのみの無添加食品です。そのため、サバの原料の良しあしで味が決まるといっても過言ではありません。

このサバ缶は脂のりの良い国産八戸サバを使っているため旨味が強く美味しい缶詰でした。

八戸協和水産『減塩サバ缶』最強クラスのサバ缶をまた発見してしまった…

八戸協和水産『減塩サバ缶』最強クラスのサバ缶をまた発見してしまった…


めだか水産広報部で美味しいサバ缶を見つけるために日々市場を探し回っています。

これは上の八戸サバの減塩タイプのようです。もともと塩分はそんなに強くないので、減塩になってもあまり味の変化はありませんでした。

大型のサバがごろっと入っていて、鮮度も良くかなりレベルの高い製品です。健康に気を遣う方にもおすすめかもしれません。

最強のチーズおつまみはこれだ!『北海道とろりんチーズ』が美味しすぎる

最強のチーズおつまみはこれだ!『北海道とろりんチーズ』が美味しすぎる


筆者がワインに合うおつまみで最強だと思うものの一つです。

高級チーズ鱈のようなものなのですが、そのすり身シートの美味しさとチーズの濃厚な甘さが最高!!まさにお店の味です。

フライパンなどで焼き目をつけてチーズを溶かしてから食べるのがおすすめ。お土産やパーティーに間違いなくおすすめです。

八戸協和水産『骨まで!そのまま食べられる さんま生姜煮』おかずが一品足りないときに!

八戸協和水産『骨まで!そのまま食べられる さんま生姜煮』おかずが一品足りないときに!


これから販売が拡大していくであろう、常温で保存できるレトルトおさかなおかずの紹介です。

パックから開けるだけでその日のおかずやおつまみになります。災害時などの保存用として備蓄しておくのもおすすめです。

常温OK!簡単便利な煮魚パックがここまで進化していた件

常温OK!簡単便利な煮魚パックがここまで進化していた件


上の記事に引き続き、常温保存の魚総菜を紹介した記事です。

保存性を高めるために味はどれも濃いめですが、その分ごはんがすすむのとアレンジが効きやすくなるかと思います。

海産物の燻製おすすめ4選!スモーク感のある本格的なシーフードおつまみをご紹介!

海産物の燻製おすすめ4選!スモーク感のある本格的なシーフードおつまみをご紹介!


海産物の燻製といっても、新幹線の駅で売ってるカキの燻製みたいなものではなく飲食店なども使う本格的なプロ向けの燻製品です。

とくにこの記事で紹介している『鯖の冷燻』『マグロの生ハム』は都内の人気ワインバルでも人気メニューになっています。

週末にワインを味わって飲みたいときや、ちょっとした友人の集まりなどに持っていくとカッコイイですよ!

『この味はマネできない』澤田食品のシャキット梅ちりめんを日本さかな検定1級視点で徹底レビュー!

『この味はマネできない』澤田食品のシャキット梅ちりめんを日本さかな検定1級視点で徹底レビュー!


ご飯のおともに一番おすすめなのがこの『シャキット梅ちりめん』です。全国ふりかけグランプリでの受賞から人気が爆発。

めだか水産では業務用の大パックも販売しているので、気に入ったらリンク先から購入することもできますよ。

まとめ

めだか水産は築地市場や地方市場などこれまでいろいろな場所で美味しい水産物を求めてきました。

2018年10月、豊洲市場へ移転するとさらに美味しい水産物が全国の皆様にお届けできるようになるかもしれません!

水産物カテゴリの最新記事