【2018年版】魚のプロが教える!失敗しない冷凍マグロの解凍方法【まとめ】

【2018年版】魚のプロが教える!失敗しない冷凍マグロの解凍方法【まとめ】

知り合いから冷凍マグロをいただいたけど解凍方法がわからない…そんな経験はありませんか?この記事では誰でも簡単で失敗しないマグロの解凍方法を解説します!

【2018年版】魚のプロが教える!失敗しない冷凍マグロの解凍方法【まとめ】

冷凍マグロの解凍方法は千差万別

マグロの解凍方法をインターネットで調べてみると『温塩水で解凍』とか『冷蔵庫で1日かけてじっくり』とか『流水解凍』とかいろんな方法があって正直どうやっていいかわからないですよね。

それもそのはず、ご家庭に新鮮な冷凍マグロが流通するようになったのは冷凍技術や流通が発達したここ数十年です。

その間にも、より高度な解凍方法が考案されたり冷凍マグロの科学的な知見が蓄積されていっているため様々な解凍方法が存在しているのです。

完全に店のクオリティ!ただ盛り付けただけ
おいしいマグロを食べるため解凍方法が日々研究されています

温塩水での解凍は家庭では面倒!

これまでもっともよい方法とされてきたのは『温塩水』による解凍方法です。今でもお寿司屋さんなどでもこの方法が一番、ということで実施している方も多いです。

しかし、家庭でこの方法をするには塩水を準備したり、適切な温度のお湯を用意するのが大変ということで、安定して解凍することが難しいのです。

おすすめの解凍方法『氷温解凍』は手軽で失敗なし

これからご紹介する『氷温解凍』は、その名のとおり氷水を利用した方法です。基本的には放置しているだけでOKなので、忙しい方にもおすすめで、初心者にも失敗なく、しかも短時間で解凍することができます。

ということで、氷温解凍の方法をご紹介します。今回は豊洲市場から仕入れてきた皮つきの冷凍マグロのサクを使用しました。

準備するもの
・冷凍マグロ
・ボウルなど水を張れる容器
・氷
・ジップ付きの袋
ジップ付きでなくても厚手のビニール袋でも代用可能です。スーパーの小分け袋などは非常に薄く氷水がマグロに浸透してしまい台無しになってしまうことがあります。袋は穴が開いていないかきちんと確認してください。

冷凍マグロのサクを洗う

まずは冷凍マグロのサクを水道水で洗います。マグロのサクには削りカスがついていることがあります。多少の水道水では味に影響はありませんので、安心してまずは汚れを落としてあげましょう。

冷凍マグロは短時間なら水道水で洗っちゃってOKです!
冷凍マグロは短時間なら水道水で洗っちゃってOKです!

キッチンペーパーで水気をよくふき取り、袋に入れる

水気はお刺身の天敵です。洗ったマグロをキッチンペーパーで水気をよくふき取り、ジップ付きの袋に入れます。

前述しましたが、厚手のビニール袋でも代用可能です。スーパーの持ち帰り用のビニール袋や小分け用の薄い袋は穴が開きやすいので避けましょう。水が浸透してしまうとせっかくのマグロが台無しになってしまいます。

マグロをジップ付きの袋に入れる
マグロをジップ付きの袋に入れる

氷水を張ったボウルなどの容器に袋ごと沈める

袋に穴が開いていないことを確認して、マグロを入れた袋を容器に沈めてしまいます。水が入ってこないように、袋の開け口は容器の外に出しておくと良いでしょう。

これで解凍できちゃうから不思議です!
これで解凍できちゃうから不思議です!

解凍したマグロを取り出して水気をふき取る

氷水に沈めている最中は放置していてOK。ざっくり1~2時間程度で解凍されます。いったん袋から取り出して、サクをやさしく曲げてみて解凍具合を確かめます。このときまだ解凍されていないようであれば、再度袋に入れて氷水につけておきます。

取り出したマグロはドリップが出るため、キッチンペーパーで再度水気をふき取ります。お好みの厚さにカットすればお刺身のできあがりです。

解凍したマグロはしっかりと水気をふき取る
解凍したマグロはしっかりと水気をふき取る

マグロの解凍方法【氷温解凍】まとめ

この氷温解凍の良い点はなんといっても簡単に短時間で放置して解凍できるということでしょう。

冷凍マグロの解凍ってなんだか専門的な感じがしますが、知識さえあれば一般家庭でもプロと同じように美味しいマグロが味わえます。

スーパーやデパートなどでも、お刺身になっているものよりサクで購入するほうがずっとお買い得です!家庭で解凍してお得にマグロを味わっちゃいましょう!

美味しいお刺身をご家庭で味わおう
美味しいお刺身をご家庭で味わおう

水産物カテゴリの最新記事