潮干狩りや旬のアサリは『冷凍』が超おすすめ!手順は?調理は凍ったまま?いつまで食べられる?

潮干狩りや旬のアサリは『冷凍』が超おすすめ!手順は?調理は凍ったまま?いつまで食べられる?

アサリは冷凍できます

4月から6月までの春の時期が旬のアサリ。産卵期を迎える前の今の時期が最も太っていて美味しい時期です。

ぷっくりしてなんとも美味しそう
ぷっくりしてなんとも美味しそう

ちょうどそのころは潮干狩りのシーズンでもありますよね。そんな日本人がみんな大好きなアサリですが、実は冷凍できるってご存知ですか?

旬の時期に冷凍するのがおすすめ

アサリは真夏の時期や真冬の時期になるとどうしても身がやせて小さくなってしまいます。買ってみたけど身が小さくてがっかり、なんて経験もあるのではないでしょうか?

そんなときにおすすめなのが旬の美味しい時期に冷凍したアサリ。貝やイカタコ類などの軟体系の魚介類は冷凍に強く、冷凍しても味が落ちにくいため1か月程度の冷凍ならとても美味しく食べられます。

買ってきた・潮干狩りで獲ってきたアサリを冷凍する手順

アサリの砂抜きをする

アサリは活きている状態でないと砂が抜けません。潮干狩りで獲ってきたアサリは必ず砂抜きしましょう。

※スーパー等で販売されているアサリは漁獲された産地の水槽で活かしこみ(漁獲されてから出荷まで水槽で活きたまま保管しておく)を行って入荷してくる場合が多いです。その際に砂が抜けるため、実は砂抜きが不要な場合も多いです。

市場のアサリ。このように流通段階で砂が抜けていることが多いです
市場のアサリ。このように流通段階で砂が抜けていることが多いです

砂抜きの方法は様々ですが、一番一般的なのは塩水による方法です。塩水の分量で悩む方が多いと思いますが、500mlのペットボトルに水を入れて、ペットボトルの蓋で塩をすりきり2杯。蓋をしめてシャカシャカ振れば塩水の完成です。

アサリはバット等に重ねずに置いておきましょう。ひたひたになるくらいの塩水を入れ、暗い静かな場所に置いてておけば砂抜きできます。※前述したとおり、潮干狩りではなくスーパー等で買ってきたアサリは砂抜きされている場合が多いです。

冷凍アサリを作るときにはお湯での砂抜きはNG!

最近では50℃のお湯で砂抜きとかぬるま湯で砂抜きするのが流行っているようですが、お湯に触れるとアサリが死んでしまうため冷凍できなくなります。冷凍する場合には常温の塩水での砂抜きをしてください。そもそもお湯での砂抜きはアサリが死ぬので筆者はあまりおすすめしません…。

アサリをしっかり洗う

アサリの殻の表面には雑菌が増えている場合があります。真水で、殻同士をこすり合わせるようにしてしっかり洗いましょう。このとき、殻が開いてしまっているアサリや殻が割れてしまっているアサリ、ニオイが出てしまっているアサリは取り除くようにしましょう。

これが元気なアサリ
これが元気なアサリ

ジップロック等に詰めて冷凍!

洗ったアサリの水を切って密閉する袋に入れて冷凍しましょう。とっても簡単ですね!

超簡単!アサリの冷凍
超簡単!アサリの冷凍

冷凍したアサリはいつまでに使いきればいい?

冷凍したアサリは家庭用の冷凍庫なら1か月くらいで使い切るようにしましょう。とくに基準はありませんが、家庭用の冷凍庫ですと温度変化が大きいため劣化してしまう可能性があるためです。

冷凍アサリは冷凍のまま調理しよう!

冷凍したアサリは解凍せずに冷凍のまま調理しましょう。解凍すると旨味成分が水分と一緒に出てしまうのと、うまく殻が開かない場合があります。

冷凍アサリで美味しく便利に調理!
冷凍アサリで美味しく便利に調理!

逆に解凍せずに使えるほうが便利ですよね!我が家では常にアサリのストックが1kg分くらいあります。酒蒸しやパスタを作りたいときに少しずつ使えるのでとても便利ですよ。

旬のアサリのうんちくと美味しい食べ方をYouTubeで紹介しています

めだか水産広報部が運営するYouTubeチャンネル『さかなでのみましょう』で、旬のアサリを美味しく食べる動画を公開しています。ぜひご覧くださいませ。

ととけん一級が執筆したよカテゴリの最新記事