うなぎの旬はいつ?土曜の丑の日を旬と呼んで良いのか!?天然と養殖の旬の差も紹介します

うなぎの旬はいつ?土曜の丑の日を旬と呼んで良いのか!?天然と養殖の旬の差も紹介します

うなぎの旬っていつ?

土用の丑の日には多くの人が口にすると思われるうなぎの蒲焼。香ばしいタレに包まれてふっくら焼き上がったうなぎは、他の魚にでは味わえない何とも言えない美味しさがありますよね。

ところでうなぎの旬ていつだかわかりますか?どんな魚にも旬の時期があることは皆さんご存知だと思います。しかしうなぎの旬というと土用の丑の日のことだと思っていませんか?ほんとうにそれが旬の時期だといえるのでしょうか?

天然うなぎの旬は秋から冬

天然のうなぎは冬になると冬眠に入ります。冬眠している間はずっと川の中の岩や石の下などでひっそりと身を潜めています。冬眠中にはほとんど餌を食べる事はありません。体の中の脂肪分を使って飢えをしのいでいるのです。そのため、冬に入る前に体の中に脂肪分をたくさん蓄えるのようになります。つまり脂が乗って一番美味しい旬の時期は、冬眠に入る前ということができます。

養殖うなぎの旬はなんとも言えない

一方養殖のうなぎは、うなぎが最も売れる7月の丑の日に出荷サイズになるように育てられます。実はうなぎはそれ以外の季節にはほとんど売れないのです。丑の日に脂肪分を蓄えるように育てられるので、そういう意味では養殖うなぎの旬は7月の丑の日と言えるのかなと思います。

旬の定義は美味しい時期、食べる時期、穫れる時期など様々

そもそも旬の時期には色々な定義があります。

たくさん獲れる時期を旬と呼ぶ

旬の定義のひとつめは、たくさん穫れる時期。春の時期のサワラやマダイのように、産卵のため接岸するようになり味に関係なく(だいたい美味しいのですが)たくさん穫れる時期のことを旬と呼んでいます。

一番おいしい時期を旬と呼ぶ

次の旬の定義は、一年のうちもっとも美味しい時期。梅雨の時期のマイワシは脂がたっぷりのって一番美味しい時期になります。産卵期の前になり脂を蓄えた魚は、多くの場合一年でもっとも美味しい時期を迎えます。この時期を旬ということもできます。実は、前述のサワラやマダイが一番美味しいのは、脂肪分を蓄えて脂が乗る秋や冬の時期なのです。

文化的に食べる時期を旬と呼ぶ

そして、文化的にその食材を食べる時期というのも旬ということができます。7月の土用の丑の日のうなぎや、12月の年末にカニを食べる事なんかも旬ということができるかもしれません。

日本海側のズワイガニは12月が旬ですが、年末に出回っているズワイガニの多くはアラスカやロシアなど外国産です。実はこれら外国産のズワイガニは5月から6月に漁獲し、12月まで凍結させて日本に輸入されるのです。

いまや流通が発達して、いろいろな種類の魚介類が食べられるようになりました。かつては旬だったから食べていたけど、今は形だけ残った旬というのもあるのかもしれません。

カツオのように年中漁獲されているものの、脂の少ない初鰹の旬、そして秋の脂が乗った戻り鰹の旬など、旬が2回ある魚もいます。

天然のうなぎはほとんど口に入らない

一般に流通しているうなぎの99%以上は養殖されたものです。天然のうなぎはよっぽどのことがない限り、スーパーやデパートなどで販売されることはありません。市場でも天然うなぎは養殖うなぎの数倍から数十倍の値段で取引されています。そもそも数が少ないため、一見さんが市場でいきなり天然うなぎを買おうと思っても難しいでしょう。

もはやうなぎは丑の日が旬と言っていいかも

現代では、うなぎは各養殖業者が頑張って丑の日に向けて最も美味しくなるようにうなぎを育てています。天然うなぎをほとんど食べることのなくなった現代では、うなぎの旬はこの土用の丑の日と言ってもいいのかもしれません。個人的には旬の時期の天然のうなぎを食べてみたいのですが…。

ととけん一級が執筆したよカテゴリの最新記事