サバ缶

2/2ページ

サバ缶の値段の違いはなぜ?魚のプロが原料・製法などから熱く解説!

サバ缶は1缶100円未満の非常に安いものから1缶500円以上する高級なものまで、値段にとても差があります。同じサバを使っているはずなのにこの違いはいったいどこからくるのでしょう?原料、製法、流通の視点からサバ缶の値段を比較してみました。

八戸協和水産『減塩サバ缶』最強クラスのサバ缶をまた発見してしまった…

減塩タイプのサバ缶をレビューします。メーカーとしては減塩がウリなのかもしれませんが、むしろサバ自体の美味しさや脂のりが素晴らしいスゴイ製品でした。大型のサバを使用しているので旨味も強く、パサパサ感や臭みはまったくない、最強と言ってもいいレベルのサバ缶です。

【サバ缶レビュー】『三星 旬どれ 八戸さば水煮』旨味が強い高級サバ缶

青森県の八戸漁港は日本有数の大きな漁港です。もちろんサバの水揚げ量も非常に多く、締めサバやサバ開き、切り身など様々な加工食品が製造される地域でもあります。八戸付近の海は水温が低いた体内に脂肪を蓄えやすく、脂のりの良い美味しいサバがたくさん獲れるのです。

サバ缶がダイエットに人気?驚きのサバパワーとおすすめのサバ缶、さらにオリジナルレシピを紹介!

サバ缶に使われている魚はもちろんサバ(マサバ)です。マサバは代表的な青魚で、以前からダイエッターや健康に関心のある方々から注目されていました。サバ缶の人気とともに、その健康効果にも目が行くようになった結果ダイエットに効果があることがわかってきたのです。その秘密をご紹介します。

【サバ缶】木の屋石巻水産『サラダサバ』は鮮魚から即缶詰加工で臭みもないヘルシー美味しい最強缶詰!

木の屋石巻水産『サラダサバ』を速攻レビュー。多くのメーカーはサバ缶を作るときには冷凍のサバ原料をどこかから買い付けてきて、解凍したサバ原料を使用して缶詰を作りますが『サラダサバ』は、冷凍の原料を使用せず鮮魚の状態で加工するという。スゴいぞ木の屋石巻水産。