卸売市場法

卸売市場法改正のポイント『第三者販売禁止』の原則廃止ってどういうこと?何が変わるの?

今後は、仲卸業者を経由する取引が減り、第三者販売が増える可能性があると思われます。いわゆる中抜きですね。その場合、私たち消費者はより安い価格で魚を購入できるようになるかもしれません。

卸売市場法改正のポイント『直荷引き禁止』の原則廃止ってどういうこと?何がどう変わる?

卸売市場法の改正点で注目されているポイントの一つが、市場内の仲卸業者による『直荷引き(じかにびき)禁止』の原則廃止です。近年では水産物の卸売市場の経由率は年々減少し、現在では約50%となっています。加工品などの需要が増えた結果、卸売市場を通さずメーカーから直接購入したほうがメリットがあるということですね。