豊洲市場正門(北)

【2023年版】豊洲市場の休み(休市日)はいつ?カレンダーは?飲食店は利用できる?水曜日と日曜日は注意!

豊洲市場にはお休みの日(休市日)があります

都心からのアクセスも良好で、豊洲エリアの開発に伴いさらに人気の観光スポットとなっている豊洲市場。

そんな豊洲市場ですが、毎日一般に公開しているわけではなく市場全体がお休みの日(休市日)があるってご存知ですか?

せっかく豊洲市場に行ったのにお休みで何もできなかった…ということのないように、マグロのせりや市場の寿司屋さんなどを目当てにお出かけする前に必ず休市日をチェックしましょう。

移転した直後の豊洲市場
移転した直後の豊洲市場

休市日はホームページで確認できます

令和5年 豊洲市場休開市カレンダー

引用:東京都中央卸売市場ホームページ

豊洲市場の休市日は、東京都中央卸売市場ホームページで確認できます。
東京都中央卸売市場 市場開場日・休業日年間カレンダー 令和5年版へ移動します

もっとも人気のあるマグロのセリや鮮魚を扱っているのは『水産物部』です。

果物や野菜などを扱う『青果部』や食肉を扱う『食肉部』とはお休みが異なる日があるので注意してください。

ちなみに豊洲市場の休市日は大田市場、足立市場と同様です。

豊洲市場 青果卸売場
豊洲市場 青果卸売場

基本的に水曜日・日曜日・祝日は豊洲市場のお休み(例外有り)

豊洲市場は基本的に水曜日・日曜日・祝日が休市日に設定されていますが例外もあります。

連休明けの水曜日が開市日だったり、月曜日や火曜日が休市日になることもあります。

前述したとおり、見学や飲食店へのお出かけ前・仕入れ前に必ずカレンダーを確認するようにしましょう。

豊洲市場に展示されているターレットトラック
豊洲市場に展示されているターレットトラック

豊洲市場の休市日は飲食店エリアも見学ルートも入れません

豊洲市場の休市日は、一般の方は飲食店エリアも見学者用ルートも入場することができません。

マグロのセリ自体ももちろん実施されていませんのでご注意ください。

豊洲市場の見学ルートや飲食店が最も混雑するのは土曜日

豊洲市場が見学やグルメで最も混雑する曜日は土曜日です。これは仕方ないですね。

混雑が嫌な方は土曜日は避けたほうがいいかもしれません。11時ごろには行列が出来ていることもあります。

見学や飲食店におすすめなのは『水曜日の開市日』

豊洲市場にはすし店が多く、どれも人気店のためせっかく足を運んだのに入れない…なんてこともあります。

ところが、ふだんは混雑しているのに空いている日があるんです。それが水曜日の開市日です。

一般的な認識として水曜日が休みと思っている人も多いため飲食店も比較的空いています。

土曜日ともなれば飲食店エリアは混雑し、人気のお寿司屋さんはかなり長蛇の列ができてしまいますので、この日を狙っていけばスムーズに豊洲市場グルメを楽しめる可能性があります。

水曜日は飲食店やスーパーなどの小売店が市場から店舗への配送を休んでいる場合が多いため、仕入れに訪れる来場者が少なくなります。

水曜日の開市日を狙っていけば、グルメも見学もスムーズかと思います。仕入れに行くときも、仲卸業者と話す時間がちゃんと取れるのでおすすめです。
(入荷量は少なくなるので普段より選べる食材が少なくなるデメリットもありますが…。)

関連記事

めだか水産では豊洲市場関連の様々な話題を解説しています。ぜひご覧ください。

関連記事

※ここで紹介しているお店以外にも、初めて訪れる買出し人に販売してくれるお店は多いですが、まだまだ一見さんお断りというお店や、小売店と比べて対応やサービスが発達していないお店があります(業務用の市場なので当然ですが)。 本記事ではそ[…]

仲卸売場棟 店舗案内図
関連記事

仕入れには時間帯も重要 豊洲市場の水産仲卸売場に鮮魚やマグロなどを仕入れに行く際は、時間帯も注意しなければなりません。 [caption id="attachment_3176" align="aligncenter" width=[…]

大元商店は鮮魚の品揃えも
関連記事

本記事は水産業界に就職したい学生さんや、水産業界を検討していて業界研究がしたい方向けに書きました。 そもそも水産業界ってどんな業界? 私たちの生活に欠かすことのできない農林業や水産業。これらをまとめて農林水産業といいます。農林水[…]

マダイの養殖イメージ
関連記事

めだか水産は2018年より活動を開始した、魚とITのプロたちが集まって『次世代のおさかな好きを創る』をミッションとする、水産業に関する情報を各種メディアを利用して発信していく水産ITベンチャー企業です。 めだか水産って何者なの?何[…]

めだか水産って何者?メダカからマグロまであらゆるお魚の情報を発信するおさかな総合メディアです
豊洲市場正門(北)
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!