うなぎ

シラスウナギって知ってますか?密漁・密売・密輸が行われる超高級魚なうなぎの稚魚です

シラスウナギはうなぎの稚魚。レプトセファルス期を経て汽水域に入ったうなぎは半透明なシラスウナギになります。漁獲量(採捕量)は減少基調にあり、暴力団など反社会的勢力が密漁、密輸、密売に関与しているとされクリーンな取引が求められています。

うなぎの旬はいつ?土曜の丑の日を旬と呼んで良いのか!?天然と養殖の旬の差も紹介します

どんな魚にも旬の時期があることは皆さんご存知だと思います。うなぎの旬というと土用の丑の日のことだと思っていませんか?旬の定義は美味しい時期、食べる時期、穫れる時期など様々。天然うなぎは秋から冬が旬。養殖うなぎは土用の丑の日が旬といっていいと思います。

『完全養殖のうなぎ』っていつになったら出回るの?そもそも完全養殖ってなんなのさ?難しい理由って?

うなぎは、完全養殖が待たれている魚のひとつです。完全養殖とは人工的に孵化させたうなぎを親のサイズまで育て成熟させ、産卵させて二世代のうなぎを人工的に育てることのできるライフサイクルを作ることを指しています。完全養殖うなぎを大量生産しスーパーに出回るには課題が多く、サメ卵を餌とすることやまだまだ数がまったく足りていない状況です。

うなぎには『毒』があるって知ってますか?血液に毒素があるため刺身で食べるのはリスクがあります

うなぎの血液にはタンパク質性の毒が含まれています。イクシオトキシンと呼ばれることもありますが物質名ではなく魚類が生産する毒素という意味のようです。そのため刺身で食べるのはリスクがあります。

うなぎ、あなご、はもの違い、あなたは説明できますか?どれがどれかわかるかな?

うなぎとあなごとはもの違いを説明できますか?どれもウナギ目に分類される食用魚ですが、生き物としてはまったく違う種類であるとともに食べ方や色や形が異なります。共通点はレプトセファルスと呼ばれる幼生期を経ることです。

驚くべきウナギの生態。どこで生まれてどこで育つのか?日本人としては知っておきたい知識!

生まれてから成長して産卵するまでのうなぎの生態や一生を一記事にまとめて解説しています。レプトセファルス期を経てシラスウナギから成長し銀うなぎとなり、マリアナ沖で産卵し寿命を迎えます。養殖うなぎは天然のシラスウナギを漁獲して畜養します。