豊洲市場は魚だけじゃない!野菜や果物の流通を行う5街区の【青果棟】も見学してみるのがオススメ!

豊洲市場は魚だけじゃない!野菜や果物の流通を行う5街区の【青果棟】も見学してみるのがオススメ!

豊洲市場の見学者はどんどん増加!

2018年10月に築地市場から移転して新しく開設された豊洲市場。開場から毎日観光客や社会科見学の方々でにぎわっています。

2019年1月からは市場内の敷地でマルシェが開催されるということで、これからも話題は尽きないでしょう!

豊洲市場のマルシェが行われるあたり
豊洲市場のマルシェが行われるあたり

豊洲市場には毎日大量の野菜や果物を扱う【青果部門】もある

豊洲市場には全国から野菜や果物を集荷し、東京近郊のスーパーや八百屋さん、飲食店などへの流通を行う機能があります。果物や野菜をまとめて【青果(せいか)】と呼びます。

豊洲市場というと魚のイメージが強いかもしれませんが、青果部門も非常に魅力にあふれているんです!今回はそんな青果棟の見どころや見学のポイントをご紹介します。青果棟は豊洲市場の『5街区』にあります。

青果棟もおもしろいのでおすすめ!
青果棟もおもしろいのでおすすめ!

豊洲市場『青果棟』の見学

豊洲市場の見学にはゆりかもめ線『市場前』駅が便利です。改札を出たら案内板に従ってそのまま左に進みましょう。屋根がついているので雨の日でも濡れることなく見学可能です。これも大きなポイントですね!

市場にはお休みの日(休市日:きゅういちび)もあります。見学に来る前に、休みの日をきちんと確認しましょう。また見学可能な時間帯は午前5時から午後5時までです。

豊洲市場青果棟入り口
豊洲市場青果棟入り口

入ってみてびっくり。青果棟はカラフルでカワイイ内装!

豊洲市場の青果棟は内装がカワイイ
豊洲市場の青果棟は内装がカワイイ

青果棟に入って見学者ルートを進んでみるとびっくり!なんともカラフルで綺麗な内装です。見学用の通路には場所ごとに色がついていて、番号と野菜や果物の名前が付けられています。
豊洲市場青果棟の番号と色
豊洲市場青果棟の番号と色

1から12の番号が付けられています。1:しゅんぎく、2:なのはな、3:えんどう、4:いちご。全部ひらがななのが個人的にかわいくてとても好きです。
豊洲市場青果棟の色と番号2
豊洲市場青果棟の色と番号2

5:わさび、6:さくらんぼ、7:とうもろこし、8:もも(写真だとくすんで見えますが桃色です)。ちなみに色や青果の種類と、その名前が付けられている場所に関係があるのかはわかりません。
豊洲市場青果棟の色と番号3
豊洲市場青果棟の色と番号3

9:なす、10:くり、11:にんじん、12:あずき。あれっ?と思った方もいるかもしれませんが、豊洲市場の青果棟では豆類も扱っているんです。

青果棟はとってもキレイ。次世代の市場って感じ!

見学者用通路から青果の仲卸売場のようすを見学することができます。

豊洲市場の青果仲卸売場はとってもキレイ
豊洲市場の青果仲卸売場はとってもキレイ

私は普段水産棟に出入りしているのですが、そちらと比べると全然違う…水を扱わないということも大きいのでしょうが、青果棟は非常にキレイです。なんか明るく見えるし!
次世代感のある青果棟。左に見える茶色の建物は自動立体低温倉庫だって!
次世代感のある青果棟。左に見える茶色の建物は自動立体低温倉庫だって!

青果市場の歴史をパネルでお勉強

そのまま奥に進んでいくと、青果市場の歴史を開設したパネルが展示されています。

青果市場の歴史を解説
青果市場の歴史を解説

解説パネルによると、東京の青果市場のはじまりは数名の承認が数寄屋橋(すきやばし:現在の有楽町あたり)に作った青物市といわれているそう。その後、水運の発達した京橋川北岸に移転。この市場には大根の入荷が多かったため、大根河岸(だいこがし)と呼ばれるようになったんだとか。
東京の青果市場のはじまり
東京の青果市場のはじまり

このほかにも関東大震災時や終戦後の貴重な写真など計10点ほどが展示されています。

なんかスゴイぞ『自動立体低温倉庫』

この通路上にあるのが『自動立体低温倉庫』です。なんと豊洲市場の青果棟には自動式の倉庫があるのだそうです!

豊洲市場青果棟の『自動立体低温倉庫』
豊洲市場青果棟の『自動立体低温倉庫』

限られた施設面積をより有効活用し、低温状態で鮮度を保ったまま保管。搬入や搬出は専任のオペレーターが捜査を行うのだとか。なにそれかっこいい
中身もちらっと見える
中身もちらっと見える

豊洲市場に集まる野菜や果物と働く人々の紹介

最奥のエリアからは青果の卸売市場を見学することができます。この日は午後に見学したので卸売市場にほとんど人の姿はありませんでしたが、朝は活気づいていることでしょう。

豊洲市場 青果卸売場
豊洲市場 青果卸売場

そのほか、5街区のミニチュア模型や青果部門で取り扱っている果物や野菜(果物はみかん類が1位、野菜はキャベツが1位なんだとか)などの紹介パネルが展示されています。
5街区のジオラマ展示。屋上にはソーラーパネル
5街区のジオラマ展示。屋上にはソーラーパネル

人も少なくてゆっくり見学できるのでオススメ!

ここまでお読みいただきありがとうございます。青果棟のある5街区は、6街区に比べ人も少なかったのですが逆にゆっくり見学できて快適でした。(座るところがあればもっと良いのに…)

人が少ないのでゆっくり見学できるのもいいよね
人が少ないのでゆっくり見学できるのもいいよね

青果の仲卸で働く友人曰く、豊洲市場はとても快適で働きやすいそうです。ちょっとうらやましくなっちゃいました!

豊洲市場・築地市場カテゴリの最新記事