【サバ缶・いわし缶】美味しいサバ缶を見つける方法って?見分け方、見るべきポイントを紹介します

【サバ缶・いわし缶】美味しいサバ缶を見つける方法って?見分け方、見るべきポイントを紹介します

サバ缶の種類が増えすぎてどれを買えばいいのかわからない!

サバ缶を選ぶとき、いろんな種類があって選び方がわからない!TV番組では製造日や賞味期限を確認するべきって言ってたけど本当?

など、いろんな疑問があるかと思います。そこで今回は数々のサバ缶を食べてきた私たちめだか水産広報部が

『本当に美味しいサバ缶の選び方』『美味しいサバ缶を見分けるポイント』をお伝えします!

サバは産卵期前で脂肪を蓄えた状態が最も美味しい

まず『美味しいサバ缶』の条件ですが、シンプルなサバ水煮缶では【脂が乗っている】【鮮度が良い】ということが美味しいサバ缶の条件になろうかと思います。

魚に脂が乗る時期というのは、一般的には旬の時期、つまり魚が産卵期に向け栄養を蓄える時期です。よって産卵期前の魚がもっとも美味しい状態になります。

そして魚の産卵期は漁獲地や漁獲年によって大きく左右されるため〇月だから産卵前、〇月だから産卵後、と判断することができません。

生の魚をさばいてみれば生殖腺の発達具合で一目瞭然ですが、内臓が取り除かれた缶詰状態で確認するには『脂のり』が良いかどうかが産卵期の前か後かの指標になります。

つまり脂のりはどのように判断するかというと、やはりパッケージから判断するのは難しく『開けてみて脂がどのくらい浮いているか』『皮の下に白い膜(皮下脂肪)をどのくらい蓄えているか』で判断するのが良いかと思います。

【いわし缶レビュー】『マルハ いわし煮付 月花』これはレベル高い!手作りみたいなトロトロの煮付が缶詰に!


たとえばこの記事でご紹介しているいわし缶は、脂の層が数mm浮いていました。
商品の公式サイトにも「夏から秋にかけての北海道道東沖120g以上のマイワシを使用」と記載されています。

また、こちらの記事で紹介しているいわし缶やいわし刺身の写真なら、皮下脂肪がわかりやすいかと思います。

【いわし缶レビュー】『丸水札幌中央水産 脂のりが自慢のいわし水煮』脂のりよし、とろとろのいわしが美味しいオススメ缶詰!

パッケージから良いサバ缶の選び方は?

『産卵期前の脂ののった大型の魚を、より鮮度の良い状態で加工したもの』が良いサバ缶の条件。まずは鮮度の選び方を見てみましょう。

鮮度の良し悪しは生原料使用かどうかで判断する!

鮮度の良し悪しの判断は『生原料』を使用しているかどうかである程度判断することができます。生原料とはすなわち冷凍された魚ではなく、水揚げされてすぐの「鮮魚」ということです。

生原料を使ったものはアピールポイントとして缶詰にその旨を記載していることが多いです。

たとえばこの記事で紹介している『彩 さば水煮』は、生原料使用を大きくアピールしています。
【サバ缶】木の屋石巻水産『彩 金華さば水煮』が感動レベルの旨さ!鮮度も味も健康効果も申し分なし

製造日や賞味期限では判断の基準にならないパターンも

TVやネット上では『製造日を見て旬の時期にあてはまるものは美味しい』という情報があるようですが、

缶詰は産地から冷凍の原料を仕入れて解凍してから製造することも多く、一概に製造日や賞味期限などで漁獲時期を判断することは困難です。

購入前の判断として『生原料使用か』『大型の魚を使っているか』『旬の時期の原料を使っているか』の3点をそなえるものが極上ものである可能性が高いです。

ということで、以上が美味しいサバ缶を選ぶコツでした。皆さんもスーパーの売場でいろんなサバ缶を比較してみてください!

サバ・サバ缶カテゴリの最新記事