昆布のグルタミン酸とサバ缶のイノシン酸で最強

【動画あり】調味料不要、サバ缶と塩昆布と梅干しだけで神ウマい炊き込みご飯ができるぞ!

おうちにサバ缶が余ってませんか?

サバ缶は健康に良いとは言え、そのまま食べるレシピやちょい足し程度の料理ではどうしても飽きてしまうものです。

そこで毎日無理なく摂取できるおすすめレシピが、サバ缶を使った炊き込みご飯。このレシピは炊飯器で簡単にできる上、調味料も不要で、なんといってもめちゃくちゃおいしいです。

今回は究極においしいサバ缶炊き込みご飯の作り方を動画とテキストで紹介します。本当においしいのでぜひ試してみてください!

究極のサバ缶炊き込みご飯の作り方

材料は塩昆布と梅干しとサバ缶だけ

究極に美味しいサバ缶炊き込みご飯の材料
究極に美味しいサバ缶炊き込みご飯の材料

最高に簡単で究極に美味しいサバ缶炊き込みご飯の材料

  • お米 2合(無洗米でも可)
  • サバ水煮缶 1缶(できる限り良質なもの)
  • お水 適量
  • 塩昆布 20g
  • 梅干し 2粒

今回作る炊き込みご飯はなんと主な材料が4つ(お米、サバ缶、塩昆布、梅干し)だけです。しかも特別な機材は不要。炊飯器だけで作れちゃいます。

ここでポイントとなるのが、できる限り良質なサバ缶を使うと言うことです。このレシピではサバ缶の味がダイレクトに全体の出来に影響するため、臭みのない鮮度の良いサバ缶を使ってください。

関連記事

[adcode] サバ缶の種類が増えすぎてどれを買えばいいのかわからない! サバ缶を選ぶとき、いろんな種類があって選び方がわからない!TV番組では製造日や賞味期限を確認するべきって言ってたけど本当? など、いろんな疑問があるかと思[…]

【サバ缶・いわし缶】美味しいサバ缶を見つける方法って?見分け方、見るべきポイントを紹介します
できる限り良質なサバ缶を使うのがポイント
できる限り良質なサバ缶を使うのがポイント

良質なサバ缶を選ぶポイント

臭みのない鮮度の良いサバ缶を選ぶポイントは具体的にいうと『国内水揚げ』『国内製造』『大サイズのサバを使用』『価格が高い(おおむね300円以上)』というのがある程度の目安になってきます。これらのキーワードに当てはまるサバ缶なら、鮮度がよく美味しいものが当たる確率が高いでしょう。

サバ缶を買うなら通販がおすすめ
4

骨が崩れるやわらかさ、そしてまったく臭みを感じない

実は、スーパーの商品棚で美味しいサバ缶に出会うのは難しいです。
それはなぜか、取り扱いの種類が少なくパッケージと価格で選ぶと鮮度悪かったり、魚の扱いが丁寧でなかったりする缶詰を買ってしまうことが原因です。
通販(特にAmazonや楽天)では豊富な取り扱いで購入者レビューも参考に美味しい缶詰を探すことができます。
また缶詰は重たいのでスーパー等で買うよりも、玄関先まで配達してくれる点も嬉しいポイントですよね♪

洗ったお米にサバ水煮缶の煮汁だけを加える

まずは洗ったお米2合に、サバ缶の煮汁だけを加えます。身はあとで入れます。

サバ水煮缶の煮汁だけを加える
サバ水煮缶の煮汁だけを加える
サバ水煮缶の煮汁にはDHAやEPAといった青魚の健康成分が非常に多く含まれています。煮汁ごと摂取することで、無駄なく青魚の健康パワーを得られるのです。ここで安いサバ缶を使ってしまうと、炊飯器も炊き込みご飯も臭くなってしまうので注意してください。

水を2合の位置まで加える

サバ水煮缶の煮汁を入れたあと水を加える
サバ水煮缶の煮汁を入れたあと水を加える
続いて炊飯器の釜に2合の位置まで水を加えます。ここで水の分量を間違えてしまうと、べちゃべちゃになったり固すぎたりするので注意しましょう。

塩昆布と梅干、サバの身を入れる

塩昆布は20gですが、ざっくりの量で大丈夫ですよ
塩昆布は20gですが、ざっくりの量で大丈夫ですよ
そして釜に塩昆布、梅干し、サバの身を入れます。
梅干しもお好みで2粒以上入れても良いです
梅干しもお好みで2粒以上入れても良いです
最後にサバの身を入れる
最後にサバの身を入れる
とくにかき混ぜたりする必要はありません。無駄な洗い物を出さないようにするのも大事ですよ!
これで炊飯器で普通に炊くだけ!
これで炊飯器で普通に炊くだけ!

普通に炊飯したら出来上がり!

あとはご家庭の炊飯器で普通に炊飯するだけ。超簡単じゃないですか!?

炊きあがりはこんな感じ
炊きあがりはこんな感じ
サバの身をほぐして、全体をよく混ぜ合わせたら完成です。この時点でめちゃくちゃいい匂いが漂っています。さすが良質なサバ缶。
茶色が強いのでネギや大葉が色合い的に良いのではないでしょうか
茶色が強いのでネギや大葉が色合い的に良いのではないでしょうか

本当に美味しいから作ってみてください!お酒のおつまみにも。

できあがりはこんな感じ
できあがりはこんな感じ
いかがでしょうか?美味しそうじゃないですか!?実際、塩加減もちょうどよく、梅干しによる酸味と相まって食欲が止まりません。

科学的にもめちゃくちゃウマい条件がそろっている

サバ缶の原料となるのはもちろんサバです。サバをはじめとする多くの魚の旨味成分は『イノシン酸』というアミノ酸です。

一方、今回の材料である塩昆布はもちろん昆布が原料。昆布の旨味成分は皆さんご存知、うま味調味料にも利用される『グルタミン酸』というアミノ酸です。

昆布のグルタミン酸とサバ缶のイノシン酸で最強
昆布のグルタミン酸とサバ缶のイノシン酸で最強
これらグルタミン酸とイノシン酸はシイタケなどに含まれるグアニル酸とともに『3大旨味成分』といわれ、単独で摂取するよりも、2つを合わせて味わうことで相乗効果で7~8倍もの旨味を感じることが知られています。

昆布と鰹節を使う和食の合わせ出汁と同じ原理ですね。この炊き込みご飯がここまで美味しいのも納得です!

サバ缶を買うなら通販がおすすめ
4

骨が崩れるやわらかさ、そしてまったく臭みを感じない

実は、スーパーの商品棚で美味しいサバ缶に出会うのは難しいです。
それはなぜか、取り扱いの種類が少なくパッケージと価格で選ぶと鮮度悪かったり、魚の扱いが丁寧でなかったりする缶詰を買ってしまうことが原因です。
通販(特にAmazonや楽天)では豊富な取り扱いで購入者レビューも参考に美味しい缶詰を探すことができます。
また缶詰は重たいのでスーパー等で買うよりも、玄関先まで配達してくれる点も嬉しいポイントですよね♪

『さかなでのみましょう』チャンネル登録をよろしくお願いいたします

めだか水産広報部が運営しているYouTubeチャンネル『さかなでのみましょう』では、本記事で解説した炊き込みご飯の作り方を動画で紹介しています。

他にも簡単で美味しいサバ缶炊き込みご飯の作り方やレシピを公開しています。今後もどんどん追加していきますので、ぜひチャンネル登録と高評価ボタンをよろしくお願いいたします!

昆布のグルタミン酸とサバ缶のイノシン酸で最強
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!