解説

【マイワシの生態】これからはサバ缶じゃなくていわし缶が来る!?マイワシの生態をおさらいしておきましょう!

みなさんが普段「いわし」と呼ぶ魚には、主に3種類あることは前回の記事でご紹介いたしました。今日本国内の水揚げ量が回復傾向にあるマイワシ。これからマイワシ関連商品も増えてくることが見込まれますので、今のうちに抑えておきましょう!生態や最大体長・餌や資源量などの解説です。

いわしってどんな種類がいるの?味の違いは?日本の主ないわし3種とそれぞれの利用方法を解説します!

マイワシは資源状態が回復してきており今後も漁獲量の増加が見込めそうです。水産業者各社も、いわしの缶詰などの加工品の製造を進めているようです。マイワシは脂のりもよく、缶詰なら骨まで丸ごと食べられます。そして今注目されている不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)を非常に多く含む健康食材です。また、たんぱく質も多く含んでおり糖質が低いのでダイエットにも効果があるといえます。今サバ缶が注目されていますが、今後はきっといわし缶がブームになるのではないでしょうか。皆さん、これからいわしに目が離せないですね!

クルマエビとは?名前の由来からおすすめ料理まで専門的に解説!

クルマエビの特徴はそのすばらしい味と美しい色、活きたエビならではの鮮度のよさ、すぐれた食感にあると思います。できるだけ手をかけずにシンプルな料理法が一番ですね!築地のエビ屋さんも言っていましたが、クルマエビは生で食べるよりも加熱したほうが断然美味しいです。お刺身でのぷりぷりした歯ごたえは楽しいものですが、独特の旨味を味わうにはやっぱり加熱がオススメです。

ブラックタイガーエビとは?色、味、食感に優れる優等生の美味しいエビ!【まとめ】

ブラックタイガーエビについて解説。赤色、食感、味に優れるエビですが、向いている料理は何か?など、超マイナー難関資格「日本さかな検定」1級のめだか水産広報部員がご紹介します!茹で時間、養殖方法、おすすめ料理をご紹介。

フラワーエビとは?日本さかな検定1級が解説!高級店の天ぷら、エビフライに活躍するスゴイやつ

フラワーエビは都内の高級天ぷら屋さんや洋食店、中華料理店などで揚げ、炒めなど様々な料理に用いられる高級エビです。一般にはあまり知られていないフラワーエビを日本さかな検定1級のめだか水産が解説します。