「エビ」の検索結果 41件

1/5ページ

バナメイエビとブラックタイガーの違いは?味や食感、値段はどう?実はけっこう近い仲間なんだけど…

今や主流になったバナメイエビと昔ながらのブラックタイガー。味はどちらが上?食感や色は?値段は?養殖方法は?どんな違いがあるのか、魚や海産物のプロが解説します。寿司、天ぷらにはブラックタイガー、炒め物、エビチリにはバナメイエビがおすすめ。どちらも食品偽装に利用されました。

バナメイエビが安くて美味しい秘密は『養殖』にあった。日本人には無視できない負の側面も…

バナメイエビはクルマエビの仲間で、スーパーや外食産業などではブラックタイガーをしのいで最も流通しているエビです。病気に強く安価に養殖できるため各地で養殖されていますが、マングローブの伐採、人権侵害や塩害など、エビを多く食べてきた日本人が意識しなければ問題も多数存在しています。

メダカとレッドチェリーシュリンプは同居可能です!丈夫で小さくてかわいいエビは混泳におすすめ

レッドチェリーシュリンプはメダカと一緒に飼育する(混泳)に向いている小型の淡水エビです。稚魚や卵を襲って食べてしまうこともなく、赤色が水槽にもビオトープにもよく映えます。

スーパーで買った干しエビがアキアミだった!オキアミとの違いは?れっきとしたサクラエビの仲間です

あまり知られていない小エビの仲間のアキアミ。アキアミとオキアミの違い、さらにサクラエビとの違いを説明します。アキアミの塩辛はキムチ漬けには欠かせない調味料。アキアミの利用方法や生態、偽装事件について解説します。

メダカとエビの混泳(同居)は可能?相性が良いオススメのエビの種類を解説します

メダカとミナミヌマエビの混泳(同居)は可能?不可能?メダカと一緒に飼育できるおすすめの淡水エビを紹介。最近話題のレッドチェリーシュリンプや極火蝦(レッドファイヤーシュリンプ)は華やかな赤色が魅力です。

『天使』を超えられるのか!?『神の海老』話題になりそうな新品種のエビをレビュー

豊洲市場で新しく見つけた『神の海老(シンのエビ)』。お刺身で食べられる新品種ということで珍しかったので買ってみました。バナメイエビとクルマエビの間だそうで、これから流行るかもしれません!

おがくずに包まれた活きたクルマエビは何日もつの?保存はどうしたらいい?プロが解説します

みんな大好き高級エビといえばクルマエビ。クルマエビは産地から市場に輸送されるときなんとおがくずに包まれています。その理由は?何日もつの?冷蔵庫に入れて大丈夫?日本さかな検定1級のめだか水産広報部が解説します。

クルマエビとは?名前の由来からおすすめ料理まで専門的に解説!

クルマエビの特徴はそのすばらしい味と美しい色、活きたエビならではの鮮度のよさ、すぐれた食感にあると思います。できるだけ手をかけずにシンプルな料理法が一番ですね!築地のエビ屋さんも言っていましたが、クルマエビは生で食べるよりも加熱したほうが断然美味しいです。お刺身でのぷりぷりした歯ごたえは楽しいものですが、独特の旨味を味わうにはやっぱり加熱がオススメです。

1 5