気になる牡蠣のカロリーは?ダイエット関連記事も紹介します

牡蠣のカロリーは100gあたり70キロカロリー

牡蠣のカロリーは100gあたり70キロカロリーです。(生牡蠣・養殖、可食部100g)

生でも焼いても揚げても美味しい牡蠣
生でも焼いても揚げても美味しい牡蠣

食べ応えがある割にはとても低カロリーですね。生牡蠣好きの方には朗報ではないでしょうか。

しかし牡蠣は自然の影響を強く受けます。産地、時期によっても異なりますので、これはあくまでも目安としてお考え下さい。

なお、牡蠣の水煮は100gあたり105キロカロリーとなっています。

水分量が少ないため、同じ重量で換算すると生牡蠣よりも高カロリーになるんですね。

出典:文部科学省 食品成分データベースより
https://fooddb.mext.go.jp/

牡蠣は低カロリーでたんぱく質豊富なダイエット向きの食材

みんな大好き牡蠣の魅力
みんな大好き牡蠣の魅力

牡蠣は前述のとおり非常に低カロリーです。さらにダイエット中にうれしいたんぱく質は100gあたり6.9gと豊富です。

カロリーが低いだけではなく、牡蠣にはタウリンや亜鉛など、日常で不足しがちな栄養素がたくさん含まれている食材です。

豊洲市場 直送、プロ食材をご家庭で
5

冷凍むき牡蠣

「美味しくて、健康的な食材を信頼できるお店から買いたい」そんな方におすすめなのは、豊洲市場 直送のだいもとウェブストアです。

寿司種向けの高品質な鮮魚・貝から幻のアイルランド産冷凍本マグロなどプロ向け食材を取り扱う仲卸業者 大元商店が運営する通販です。
コロナを機にプロ向けの水産物をご家庭にもお届けするために、2020年4月から通販を開始しました。

牡蠣は亜鉛やグリコーゲンなど美容にうれしい栄養が豊富

牡蠣は低カロリーなだけでなく、栄養成分にも非常に優れています。

身の色が乳白色でミルクのようであることや、栄養豊富であることから牡蠣は「海のミルク」と呼ばれています。

牡蠣の代表的な栄養成分には「亜鉛」が挙げられます。亜鉛は現代人が不足しがちな成分といわれている健康維持に必要な微量元素です。

亜鉛の効果には、味覚を正常にしたり免疫機能を向上したりする効果があるとされています。

また、牡蠣には「タウリン」も豊富に含まれています。タウリンはアミノ酸の一種で、筋肉疲労の改善や、コレステロールを減らしたり高血圧の予防になるといわれています。

牡蠣は低カロリーだが注意も必要

大粒の牡蠣!薄茶色のご飯!日本酒!完璧な布陣とはこのことでは?
牡蠣ごはんはダイエット中には注意が必要

しかしそんな牡蠣でもダイエット中に食べるには注意することがあります。それが、食べ方です。

牡蠣は低カロリーですが、それは生で食べたときの話です。牡蠣を使った代表的な料理のカキフライは、100gあたり262キロカロリーです。

油を使って調理するため、やはり水煮や生牡蠣と比べると高カロリーになっています。

旬の季節になると牡蠣ごはんも美味しくなってきますが、米は高カロリーな食材です。牡蠣が入っていると言ってもダイエット中は避けるべきでしょう。

バター炒めや牡蠣お好み焼き(カキオコ)も、油や炭水化物を多く含む料理ですので注意しましょう。

関連記事もあわせてご覧ください

牡蠣は低カロリー高たんぱくで栄養豊富なダイエット向きの食材であることは理解いただけたと思います。

牡蠣はダイエット中でも安心して食べることができる食材といえます。むしろ積極的に食べたいですね。

めだか水産ではダイエット向きの食材や、海産物のカロリーを解説しています。是非ほかの記事もご覧ください。

関連記事

牡蠣の美容への効果について たくさんの栄養素が含まれていることから「海のミルク」と呼ばれ、世界中で食されている牡蠣。焼き牡蠣、牡蠣フライなど色々な楽しみ方ができ、最近は牡蠣好きにとって嬉しいオイスターバーを目にすることも増えました。 […]

生でも焼いても揚げても美味しい牡蠣
関連記事

牡蠣は栄養豊富な海のミルク 牡蠣は冬の味覚として誰もが知る非常に有名な食材です。日本だけに限らず世界中で食用として天然養殖問わず用いられています。 [caption id="attachment_3671" align="alignce[…]

牡蠣は筋トレに効果があるの?
関連記事

海のミルクと言えば牡蠣! 牡蠣は海のミルクとも呼ばれ栄養豊富なことが広く知られています。日本では冬の旬の食材と思われていますが、実際には市場には通年出回っています。殻のまま出回るものと、産地で殻をむいて中身だけ出まわるむき身とがあります。[…]

いかにも栄養ありそうだもの
関連記事

みんな大好きな海のミルク『牡蠣』 冬に食べたくなる味といえば牡蠣ですよね。生牡蠣や牡蠣鍋、カキフライ、牡蠣バターなど食べ方も様々。好きな食べ物を聞かれて牡蠣を挙げる方も多い思います。 [caption id="attachmen[…]

みんな大好き牡蠣の魅力
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!