キスはダイエットに効果あり?効果なし?健康的に美しくなる驚きの栄養素を解説

キスはダイエットに効果的?


キスはヘルシーでダイエットに適している食材として注目されています。

キスを含む魚介類全般は低カロリーで高たんぱくなものが多く、ヘルシーな食材ということができます。
一般的にシーフードであるキスは肉類や炭水化物に比べて健康的でダイエットに有効なイメージが強いのではないかと思います。

しかし、キスは本当に健康的なダイエットに向いているのでしょうか?
あらゆる食材がダイエットに向いているのか検索されるこの世の中。キスがダイエット食になるのか?どんな栄養素がダイエットに効果的か?調べてみました。

キスのカロリーは高い?低い?

文部科学省ホームページ日本食品標準成分表によると、キスの100gあたりのカロリーは73kcalです。

この値は高たんぱく、低カロリー低脂肪でダイエットの味方として有名な鶏ささみ(100g 107kcal)と比べても低く、キスは低カロリーな食材であるということができます。

キスの旬は4月~9月です。魚介類は一般的に旬の時期に栄養を蓄え脂がのるようになるため、多少カロリーが異なる場合があります。

ダイエットに効果的なキスの栄養素

キスにはダイエットに効果的なたくさんの栄養素が含まれています。

中でも、特に注目すべきキスに豊富な栄養素を紹介します。

キスの特徴的な栄養素『高たんぱく』

キスはたんぱく質が豊富な食材です。たんぱく質は私たちの体をつくるもっとも基本的な栄養成分で、健康的なダイエットに非常に重要です。

たんぱく質は体を動かすための筋肉の材料になり、脂質、炭水化物と並ぶ三大栄養素のひとつに挙げられます。

たんぱく質の不足は肌や髪のトラブルにもつながるため、美しく痩せるために非常に重要です。

筋肉が多いほどいわゆる基礎代謝が増え、痩せやすくリバウンドしにくい「痩せ体質」になっていくことが期待できます。

たんぱく質の多い食材といえば鶏肉や大豆製品が思い浮かべられますが、実は魚介類にもたんぱく質豊富な食材は多いです。

たんぱく質が豊富なキスをダイエット食に取り入れることで、美しく健康的にダイエットしましょう。

キスの特徴的な栄養素『ビタミンD』

キスに含まれるビタミンDは強い骨や歯を維持し、骨粗鬆症を予防するためや健康のために必要な栄養素です。

ビタミンDは脂溶性(脂に溶けやすい性質)のビタミンです。マグロやサケといった脂肪の多い魚はビタミンDを多く含んでいるとされています。

またビタミンDは皮膚が直茶日光に当たることで体内で生成される栄養素です。美容のためやテレワークなどで日光に当たる機会が少なくなっている今、美しく健康的なダイエットのため、ビタミンDを食事から摂取することが重要です。

栄養状態の悪かった昭和30年頃まではビタミンD不足で骨に異常がある子どもが多く、対策として魚から得た肝油で作られたドロップなどを食べさせる習慣がありました。

現代人も潜在的にビタミンD不足の人が多いと言われています。キスを意識的に食事に取り入れ、健康的な体でダイエットを成功させましょう。

キスの特徴的な栄養素『ナイアシン』

キスに多く含まれるナイアシンは、ビタミンB群のひとつです。ナイアシンは、食べ物から摂取した糖質や脂質をエネルギーへ変える働きをサポートします。

エネルギーに変換されなかった糖質や脂質は脂肪となり、体に蓄えられてしまいます。肥満を予防するためにも、キスなどを食べて十分にナイアシンを摂りましょう。

ナイアシンは、お酒に含まれるアルコールの分解も助けます。頭痛や吐き気といった二日酔いは、アルコール分解がスムーズに行われなかったことが原因です。二日酔いの予防として、お酒のおつまみにキスを食べてはいかがでしょうか。

ナイアシンはキスなどの動物性食品に多く含まれており、普通の食生活では過不足しにくい栄養素です。

しかし偏った食事を摂り続けると、皮膚や消化器に異常が見られる可能性があるため、バランスのよい食事を心がけましょう。

キスの特徴的な栄養素『グルタミン酸』

グルタミン酸はたんぱく質を構成するアミノ酸の一種であり、うまみ成分として有名です。野菜やきのこ、チーズのほか、キスなどの海産物に多く含まれています。

食べ物を美味しいと感じるのは、私たちの味覚がグルタミン酸などのうまみ成分をキャッチするためです。グルタミン酸は、同じうまみ成分であるイノシン酸やグアニル酸と組み合わせると、うまみが強くなることが知られています。

たんぱく質は体の皮膚や筋肉、組織を作る栄養素であり、キスに多く含まれるグルタミン酸もその一角を担っています。筋肉の分解抑制や腸管の働きをサポートし、免疫力の向上にも作用します。

このように、キスに豊富なグルタミン酸は食べ物の美味しさを底上げするだけでなく、私たちの健康にも役立つ栄養素なのです。

キスダイエットの注意点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キスは健康に大切な栄養素が豊富でダイエットに効果的と言えますが、食べすぎには注意しましょう。

カロリーを過分に摂取してしまったり、食べすぎによって消化する際に内臓に負担がかかり、肌荒れや便秘・下痢などの原因にもなります。

健康的な食材といっても食べすぎや毎日たくさん食べ続けることは避けて、野菜や果物など様々な食材と合わせて食べることを心がけましょう。

キスのダイエットレシピ

ダイエット中でも美味しい料理を食べたいですよね。

農林水産省のホームページではおかずにぴったりのキスを使ったレシピが紹介されています。

美味しいキスのレシピをチェックしてみましょう。

Twitterでもたくさんのキスのレシピが紹介されています。

キスのダイエット情報をTwitterでチェック

Twitterではキスのダイエット情報がたくさん発信されています。

まとめ

キスは高たんぱくであり、鶏ささみよりも低カロリーということで、ダイエットに適した食材であることが分かりました。
ただし天ぷらやフライにする場合は油を使うので、カロリーや脂質に注意してください。

また、キスはビタミンD、ビタミンB12などの健康維持に重要な栄養素を含んでいます。キスは味が淡白であり、その上品な美味しさが人気です。
しかし、それだけでなく健康やダイエットにも効果的なのです。

キスは旬の時期にはスーパーに出回ることが多いです。あまり頻繁に食べる食材ではないかもしれませんが、カロリーや栄養面で良いところがたくさんあります。

旬に時期に美味しいキスをたくさん食べて、身体も心も健康的にダイエットしましょう!

  • キスは高たんぱくでダイエットに効果あり
  • キスにはビタミンDが豊富で健康的にダイエットできる
  • キスのビタミンB12が健康的なダイエット食に向いている
  • キスのナイアシンを上手に食事に活用して美しく健康的に痩せよう

キスは魚介類の中でも人気の食材です。人気の理由は美味しいだけでなく健康やダイエットにも効果的だからかもしれません。

旬の時期に美味しいキスをたくさん食べて、体も心も健康的にダイエットしましょう!

created by Rinker
シーフードマックス
¥2,380 (2022/12/08 08:23:45時点 Amazon調べ-詳細)
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!