干物はダイエットに効果あり?効果なし?健康的に美しくなる驚きの栄養素を解説

干物はダイエットに効果的?

日本の伝統的な食品である干物は、栄養価が高く、健康的な食品として知られています。この記事では、干物がダイエットにどのような効果があるのか、その栄養価について、また注意すべき点について説明します。

干物をダイエットにうまく取り入れることで、健康的な食生活を維持することができます。

干物のカロリーは高い?低い?

干物は原料となる魚種によって大きく栄養素が異なりますが、一般的なアジの干物で考えた場合、カロリーは100gあたり約194kcalであり、タンパク質含有量は約25gです。カロリーは高めですが、タンパク質含有量が豊富であり、ダイエットには適しています。

比較すると、同じくタンパク質が豊富な鶏胸肉は、100gあたり約165kcalで、タンパク質含有量は約31gです。干物は、鶏肉と比較してカロリーが若干高いですが、タンパク質含有量は同程度であり、後に述べる健康効果も大きいです。

食品成分データベースは、食品成分に関するデータをインターネットを通じて提供しているものです。 …

ダイエットに効果的な干物の栄養素

干物にはダイエットに効果的なたくさんの栄養素が含まれています。

中でも、特に注目すべき干物に豊富な栄養素を紹介します。

干物の特徴的な栄養素『高たんぱく』

干物はたんぱく質が豊富な食材です。たんぱく質は私たちの体をつくるもっとも基本的な栄養成分で、健康的なダイエットに非常に重要です。

たんぱく質は体を動かすための筋肉の材料になり、脂質、炭水化物と並ぶ三大栄養素のひとつに挙げられます。

たんぱく質の不足は肌や髪のトラブルにもつながるため、美しく痩せるために非常に重要です。

筋肉が多いほどいわゆる基礎代謝が増え、痩せやすくリバウンドしにくい「痩せ体質」になっていくことが期待できます。

たんぱく質の多い食材といえば鶏肉や大豆製品が思い浮かべられますが、実は魚介類にもたんぱく質豊富な食材は多いです。

たんぱく質が豊富な干物をダイエット食に取り入れることで、美しく健康的にダイエットしましょう。

干物の特徴的な栄養素『ビタミンD』

干物に含まれるビタミンDは強い骨や歯を維持し、骨粗鬆症を予防するためや健康のために必要な栄養素です。

ビタミンDは脂溶性(脂に溶けやすい性質)のビタミンです。マグロやサケといった脂肪の多い魚はビタミンDを多く含んでいるとされています。

またビタミンDは皮膚が直茶日光に当たることで体内で生成される栄養素です。美容のためやテレワークなどで日光に当たる機会が少なくなっている今、美しく健康的なダイエットのため、ビタミンDを食事から摂取することが重要です。

栄養状態の悪かった昭和30年頃まではビタミンD不足で骨に異常がある子どもが多く、対策として魚から得た肝油で作られたドロップなどを食べさせる習慣がありました。

現代人も潜在的にビタミンD不足の人が多いと言われています。干物を意識的に食事に取り入れ、健康的な体でダイエットを成功させましょう。

干物の特徴的な栄養素『ビタミンB12』

ビタミンB12は、水溶性ビタミンの一つで、赤血球の生成や神経系の正常な働きに必要な栄養素です。適切なビタミンB12の摂取により、以下のような健康へのメリットが得られます。

まず、ビタミンB12は、赤血球の生成に関わっています。ビタミンB12は、赤血球の生成に必要なDNAの合成を促進するため、貧血の予防や改善に効果的です。また、ビタミンB12は、神経系の正常な働きにも必要であり、神経系の病気の予防に役立ちます。

次に、ビタミンB12は、脳機能の維持や向上にも役立ちます。ビタミンB12は、神経系の働きに必要な栄養素であり、脳機能の低下や認知症の予防に役立ちます。また、ビタミンB12は、気分の安定や精神的な状態の改善にも効果的です。

さらに、ビタミンB12は、エネルギー代謝に関わっており、疲れやストレスから身体を守る効果があります。ビタミンB12は、炭水化物、脂質、タンパク質の代謝に必要であり、身体に必要なエネルギーを補充することで、疲れやストレスから身体を守ることができます。

ダイエットにおいては、ビタミンB12は、エネルギー代謝に関わっているため、ダイエットに効果的です。特に、ビタミンB12を多く含む食品としては、肉類や魚介類、乳製品、卵などがあります。ただし、ビタミンB12は、植物性食品にはほとんど含まれていないため、ビーガンやベジタリアンの方は、サプリメントや栄養補助食品を摂取する必要がある場合があります。また、ビタミンB12の不足は、神経系の病気や貧血の原因となるため、適切な摂取を心がけましょう。

干物の特徴的な栄養素『カルシウム』

カルシウムは、骨や歯を形成するのに不可欠な栄養素であり、筋肉の収縮や神経伝達など、身体の多くの機能にも関与しています。カルシウムを適切な量摂取することで、以下のような健康へのメリットが得られます。

まず、カルシウムは、骨や歯の形成に重要な役割を果たします。カルシウムは、骨や歯の主成分の一つであり、骨密度を維持するために必要な栄養素です。カルシウムの不足は、骨粗鬆症の原因となるため、骨粗鬆症予防のためにも、適切なカルシウムの摂取が重要です。

次に、カルシウムは、筋肉の収縮に必要な栄養素です。カルシウムは、筋肉の収縮に不可欠な栄養素であり、筋肉の動きを制御する役割があります。そのため、カルシウムの不足は、筋肉の収縮能力の低下や痙攣の原因となることがあります。

さらに、カルシウムは、高血圧や糖尿病の予防にも役立ちます。カルシウムは、血管の壁の強化やインスリンの分泌を促進するため、高血圧や糖尿病の予防に効果的です。

ダイエットにおいては、カルシウムは、脂肪燃焼を促進する効果があるため、ダイエットに効果的です。特に、カルシウムを多く含む食品としては、牛乳や豆乳、チーズ、青魚などがあります。ただし、カルシウムの過剰摂取は、体内に蓄積されるため、注意が必要です。また、カルシウムの吸収を妨げる食品として、コーヒーや紅茶などがありますので、適量を摂取するようにしましょう。

干物の特徴的な栄養素『EPA(イコサペンタエン酸、エイコサペンタエン酸)』

干物をはじめとする多くの海産魚類に含まれるEPA(イコサペンタエン酸、エイコサペンタエン酸)は、ω3脂肪酸(不飽和脂肪酸)の一種です。

EPAやDHAは人間の体内で生産することができず、食品から得る必要がある『必須脂肪酸』でもあり、健康成分としてよく知られるようになってきました。

EPAは干物など魚の脂肪分に多く含まれ、サバやイワシ、サンマなどの青魚に特に多いことが知られています。

EPAは血中コレステロールや中性脂肪の減少による動脈硬化予防、心筋梗塞・狭心症、脳梗塞の症状の予防になるとされ、最近ではサプリメントとしても販売されています。

また、EPAは食欲抑制や血糖値を下げる効果のある「GLP-1(ジーエルピーワン)」というホルモンの分泌を促すと言われています。

GLP-1は『痩せるホルモン』とも呼ばれ、糖尿病治療にも用いられる話題の物質です。干物を多く含むEPAはまさにダイエットにぴったりの栄養素といえます。

さらにEPAは薄毛にも効果があるとされています。美しくダイエットしたい方にぴったりの栄養素ですね。

メタボ予防、高脂血症や高血圧による心臓や血管の病気など生活習慣病を予防するためにもEPAを摂取するべきという声もあります。

干物ダイエットの注意点

干物は健康に大切な栄養素が豊富でダイエットに効果的と言えますが、食べすぎには注意しましょう。

カロリーを過分に摂取してしまったり、食べすぎによって消化する際に内臓に負担がかかり、肌荒れや便秘・下痢などの原因にもなります。

健康的な食材といっても食べすぎや毎日たくさん食べ続けることは避けて、野菜や果物など様々な食材と合わせて食べることを心がけましょう。

また、干物は加工食品の一種であり、塩分が高めです。過剰な塩分の摂取は、高血圧や脳卒中などのリスクを引き起こすことがあるため、摂取量には注意が必要です。

さらに干物も鮮魚と同様に鮮度が非常に重要です。例えばアジの開き干しの場合は黄色や茶色っぽくなっているものは脂が酸化して劣化している可能性があります。新鮮な干物を選ぶことで美味しく健康的にダイエットできます。

干物のダイエットレシピ

ダイエット中でも美味しい料理を食べたいですよね。

農林水産省のホームページではおかずにぴったりの干物を使ったレシピが紹介されています。

美味しい干物のレシピをチェックしてみましょう。

Twitterでもたくさんの干物のレシピが紹介されています。

干物のダイエット情報をTwitterでチェック

Twitterでは干物のダイエット情報がたくさん発信されています。

まとめ

干物は、以下の栄養素を豊富に含み、ダイエットに効果的な食材とといえます。栄養価が高く、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含む健康的な食品です。

ダイエット中でも、適量を守って摂取することで、健康的な食生活を維持することができます。ただし、塩分には注意が必要です。新鮮な干物を選んで、健康的に摂取することが大切です。

  • タンパク質 – 干物に含まれるタンパク質は、筋肉を作るために必要なアミノ酸を提供します。また、タンパク質は食事を摂るときの満腹感を増加させ、食欲を抑えるのに役立ちます。
  • ビタミンD – 干物に含まれるビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨の健康を維持するのに役立ちます。
  • ビタミンB12 – 干物に含まれるビタミンB12は、エネルギーを生産するために必要な栄養素です。
  • カルシウム – 干物に含まれるカルシウムは、骨の健康を維持するのに役立ちます。
  • EPA干物に含まれるEPAは、動脈硬化を防ぐ効果があり、心臓病のリスクを低下させることができます。

干物は魚介類の中でも人気の食材です。人気の理由は美味しいだけでなく健康やダイエットにも効果的だからかもしれません。

旬の時期に美味しい干物をたくさん食べて、体も心も健康的にダイエットしましょう!

created by Rinker
富岡水産
¥2,980(2024/04/23 14:38:47時点 Amazon調べ-詳細)
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!