メダカとレッドチェリーシュリンプは同居可能です!丈夫で小さくてかわいいエビは混泳におすすめ

メダカとレッドチェリーシュリンプは同居可能です!丈夫で小さくてかわいいエビは混泳におすすめ

レッドチェリーシュリンプはメダカと一緒に飼える

レッドチェリーシュリンプとは?

レッドチェリーシュリンプはアクアリウムでも人気の非常に小さな淡水性のエビです。ミナミヌマエビに近縁のシナヌマエビから品種改良されたといわれており、ちまちま動く姿と透明感のある赤色がかわいらしいです。最大でも体長3cm程度で、繁殖も可能で苔も食べてくれる便利なエビです。

濃い赤色が非常に美しい
濃い赤色が非常に美しい

メダカの残り餌を食べてくれる

レッドチェリーシュリンプを入れておけば、メダカが食べ残した餌を食べてくれる効果があるかもしれません。食べ残しは水を汚してしまう大きな原因となりますので注意が必要です。※かといって餌を与えすぎるのは水を汚してしまうので禁物ですよ!

苔を食べてくれる

ロカボーイ
こういう苔を食べてくれます

レッドチェリーシュリンプは水槽や容器に生えた柔らかい苔を食べてくれます。と言っても非常に体が小さいためタニシのように苔がほとんどなくなるというほどの効果があるわけではなく、気休め程度です。

卵や稚魚を襲うこともない

メダカと一緒に飼う生き物のチェックすべき大事なポイントは『卵や稚魚を襲わないか』ですよね。タニシやミナミヌマエビなどは稚魚や卵を食べてしまうことはありません。レッドチェリーシュリンプも同様におとなしい性格なので、稚魚と一緒に飼育しても問題ありません。むしろ稚魚の食べ残しを処理してくれるお掃除屋さんとして活躍してくれるでしょう。

ヤマトヌマエビやスジエビは注意が必要

ミナミヌマエビと同じく水槽の食べ残しを処理するお掃除屋さんとして人気の高いヤマトヌマエビは、基本的にはすばしっこくて元気なメダカを襲うことはありませんが稚魚を襲う可能性があります。メダカとの混泳はなるべく避けたほうがいいかもしれません。

これは全然関係ない食用のエビ(アキアミ)

また、釣り餌として販売されているスジエビや川に生息しているテナガエビなどは積極的にではないものの、メダカを襲う可能性があります。とくに動きの遅い個体との混泳は注意したほうが良いと思います。

レッドファイヤーシュリンプ(極火蝦)も混泳可能

レッドチェリーシュリンプ
レッドファイヤーシュリンプ

レッドチェリーシュリンプの仲間の真っ赤なエビ、レッドファイヤーシュリンプもメダカと一緒に飼育することができます。真っ赤で色も落ちないので、水槽でもビオトープでもとっても映えます!

水温には注意が必要

レッドファイヤーシュリンプやレッドチェリーシュリンプはメダカよりも水温の耐性が低いです。水温30℃を超える場合や水温が10℃を下回る場合などは死んでしまう可能性があります。

そのため、真冬は早めに室内に入れてあげて可能ならヒーターを入れてあげましょう。また、真夏の時期には飼育容器を日陰や風通しの良いところに置いてあげるなど、水温が上がりすぎないように注意が必要です。

横見ならメダカの観察も楽
ヒーターの入れ方がいいかげんすぎる

一方のメダカは日本在来の魚ですから水温の耐性はけっこう強いです。水面に氷が張るような低水温でも生きていくことができます。しかし近年の猛暑で、小さな容器で飼育している場合には温度が上がりすぎて死んでしまう可能性はありますので注意しましょう。

メダカカテゴリの最新記事