北海道の激ウマおつまみ『さざ波サーモン』を君は知っているか?カラフトマスを使った絶品鮭とばだよ

北海道の激ウマおつまみ『さざ波サーモン』を君は知っているか?カラフトマスを使った絶品鮭とばだよ

さざ波サーモンとは?

知る人ぞ知る北海道知床のお土産サーモン

開けた後だから汚い
開けた後だから汚い

さざ波サーモンとは、北海道知床半島の『株式会社 丸あ 野尻正武商店』が製造・販売している鮭とばです。その美味しさから一度食べたらリピーターになる確率が非常に高い極上のサーモン製品なのです!水産物を扱うめだか水産だからこそ、独自のルートで入手することができます!

使用しているのはオホーツクサーモン(カラフトマス)

さざ波サーモンに使用されているサーモンは「オホーツクサーモン」という種類です。オホーツクサーモンは北海道の一部地域でのブランド名で、標準和名(日本国内の学術的な統一名称)は『カラフトマス』といいます。地方によっては「アオマス」と呼ばれることもあります。もうややこしいですね。

豊洲市場に入荷していたアオマス
豊洲市場に入荷していたアオマス

カラフトマスは鮮魚で流通することはほとんどなく、加工品の原料として利用されるのが一般的です。豊洲市場では何度か見かけたことがありますが、決してメジャーな魚ではありません。カラフトマスは養殖されておらず、流通しているものはすべて天然です。養殖魚を避ける方でも安心ですね。

さざ波サーモンの食べ方

これがさざ波サーモンだ!
これがさざ波サーモンだ!

袋から取り出したさざ波サーモンがこちら。北海道でしか手に入らないといわれる有名な『佐藤水産のロッキーサーモン』もこんな感じですね。

べりっとはがしてそのままむしゃむしゃ

骨もなくてすごく食べやすい
骨もなくてすごく食べやすい

さざ波サーモンは身の部分のみ切れ目が入っているので、手で身をちぎって簡単に食べることができます。
ちぎったのがこれ
ちぎったのがこれ

とにかく美味しい!食べた全員が止まらない

鮭とばらしく食感は固め。ビーフジャーキーと同じような食感です。そして噛めば噛むほどに鮭の旨味が!!調味料は和風でおつまみにちょうどいい味付け。これまで10袋ほど食べましたが、何度食べてもやっぱり美味しいです。

そして1枚食べ終わるまでやめられない止まらない。これがさざ波サーモンの魔力です。食べさせた人たち全員がこの魔力に取りつかれ、高級なおつまみであるさざ波サーモンが一瞬にしてなくなってしまうこともしばしば。それほど美味しいです!

なんと皮までレンジで美味しく食べられる

なんとさざ波サーモンは身を食べたあとの皮も美味しく食べられるのです。皮を細かくハサミで切って耐熱皿に移し、電子レンジで加熱するだけ。だいたい600Wで1分くらいでカリカリのおつまみになります。

さざ波サーモンの皮。身よりも美味しいという人もいるほど
さざ波サーモンの皮。身よりも美味しいという人もいるほど

これがまた美味しい!ビールや焼酎のおつまみとして最高です。ただし、電子レンジや周囲が非常にサケ臭くなるので注意!(酒臭さではなく鮭臭さです)

めだか水産直販部ではお得なB品を販売中

めだか水産直販部ではこのさざ波サーモンの『B品』を販売中です。B品とは切れ目が皮の部分まで入ってしまっていたり、反っていたり形が短かったりと見た目が異なるいわゆる「規格外品」です。もちろん味はまったく同じ!容量もたっぷり入ってお買い得な商品です。

なかなか一般には販売されていないこの極上サーモンおつまみ、ぜひお試しください!

サーモン・鮭カテゴリの最新記事