福島県会津地方の郷土料理『にしん山椒漬け』の食べ方は?どこに売ってる?

福島県会津地方の郷土料理『にしん山椒漬け』の食べ方は?どこに売ってる?

にしん山椒漬けとは?

にしん山椒漬けは福島県会津地方の郷土料理です。「身欠きニシン」と呼ばれるニシンの乾物をもどして、山椒の葉とともに醤油、酢、酒、砂糖などからなる漬け汁に漬け込んだ料理です。山椒の特徴的な爽やかな香りと醤油が効いた酸味のある鮮烈な味から、一度食べるとやみつきになってしまいます。日本酒のおつまみ、ご飯のおかず、お茶漬けのお供にといった料理です。

にしん山椒漬け
にしん山椒漬け

原料となるニシンについて知っておこう

ニシンの生態と生物学的特徴

標準和名:ニシン
学名:Clupea pallasii
英名:Herring,Pacific herring
分類:ニシン目ニシン科ニシン属

これはニシンのぬか漬け
これはニシンのぬか漬け

ニシンは冷たい海に生息する魚の一種で、日本では北海道に産卵のために回遊します。体長は成魚で30-40cmほど。ニシンが分類されているニシン科は食用魚として水産資源上非常に重要な種が多く、めだか水産で何度か紹介しているマイワシもニシン科の魚です。産卵期は春です。春になると大群を作って沿岸の浅い海に押し寄せ、粘着性のある卵をメスが海藻などに産み付け、オスが放精します。このときにびっしりと卵が産み付けられた昆布がお正月などにいただく『子持ち昆布』です。

ニシンの文化:ニシン御殿とソーラン節

かつての北海道日本海沿岸地域では産卵のために集まるニシンが毎年大量に漁獲されており、なんとオスの精子で海が真っ白に濁って見えるほどだったとか(この現象を群来(くき)と呼びます)。ニシンで一財産を築いた『ニシン御殿』なんていう言葉もありますよね。その豊漁のときの勇ましいニシン漁の様子を表した民謡が、あの有名な『ソーラン節』です。現代では踊りにもなっていますが、網を引くような動作があるのは漁の様子を表しているのです。

これは現在豊漁のマイワシ
これは現在豊漁のマイワシ

ニシンの乾物『身欠きニシン』

四方を山に囲まれた福島県会津地方では、かつて重要なたんぱく源であった魚類は干物や乾物で運ばれてくるのが一般的でした。身欠きニシンは、ニシンの主要な産地である北海道で頭・内臓を取り除かれカラカラに乾燥されたニシンの加工品のことを指します。現代の身欠きニシンというと、半乾燥の『ソフト身欠きニシン』と『本乾身欠きニシン』に分けられます。

身欠きニシンは普通の鮮魚と異なり、より脂が少ないものほど上物とされるのが特徴的です。普通は脂が乗っていたほうが美味しいような気がするのですが、乾物にする際は脂が酸化してしまいうまく身欠きニシンにならないのかもしれませんね。豆知識ですが、脂が少ないものほど上物とされるというのはカツオを原料としたかつおぶしも同じです。

使い方は現代の干物のようにそのまま焼いて食べるのではなく、魚の加工品としては珍しく水にもどしてから使うのが一般的です。もどしたニシンを甘露煮にしてそばに盛り付けたのが京都の名物『にしんそば』です。会津に京都に登場に広く登場するとってもエライ食材ですね。

にしんの山椒漬けは強烈な山椒の香りがやみつき!

今回紹介する高砂屋さんのにしん山椒漬け。パッケージを開けた途端に山椒の爽やかな香りが漂います。一口サイズにカットして盛り付けてたものがこちら。

爽やかな山椒の香りで酒が進む
爽やかな山椒の香りで酒が進む

一口食べた瞬間に、ぶわっと広がる酸味とピリッとした山椒の刺激と深い醤油の味が特徴的です。歯ごたえのあるニシンを噛みしめるたびにじわじわと広がる味がたまりません。好きな人は一度食べるとやみつきになること間違いありません!さっと炙るとやわらかく食べやすくなります。

七味唐辛子を散らすと、さらに複雑な余韻が楽しめますよ。

七味をかけると色合いもいい感じ
七味をかけると色合いもいい感じ

にしん山椒漬けが買える場所

にしん山椒漬けは福島県のお土産店や会津のスーパーなどで販売されていますが、関東や関西などそれ以外の地域ではなかなか手に入らないかもしれません。私たちめだか水産では築地市場の仲卸さんが実際に様々な商品を食べ比べ、「これだ!」というにしん山椒漬けを販売しています。1パックからお買い求めいただけますので、ちょっとした手土産から日本酒のおつまみに是非ご利用くださいませ。

高砂屋 にしん山椒漬
高砂屋 にしん山椒漬

ととけん一級が執筆したよカテゴリの最新記事