牡蠣

筋トレ中に牡蠣は効果あり!?効果なし?筋肉に効きそうな栄養があるか調べてみた

牡蠣の旬は秋から冬です。牡蠣は筋トレ時に積極的に摂取したい水産物ということで牡蠣はタンパク質は少ないものの亜鉛やタウリン、グリコーゲンなどがたくさん含まれており、しかも低カロリー(100gあたり60kcal)な、非常にヘルシーで筋トレに効果がある食材と言えるのではないでしょうか。美味しくて加工度が低い(というか無加工)食材ですので安心して食べることができると思います。筋トレにチャレンジしている皆さんこの冬はぜひ牡蠣をたくさん食べてください!

きちんと答えられますか?牡蠣の『生食用』と『加熱用』の違いを解説します

牡蠣の生食用と加熱用の違いですが、もしかして鮮度が良いものが生食用、鮮度が落ちているものが加熱用なんて思っていませんか?それはまったくの誤解です!細菌の少ないきれいな海から水揚げして一定時間紫外線で殺菌したものが『生食用』、殺菌せずに水揚げした直後に出荷したものが『加熱用』となります。

牡蠣はダイエットに向いている?不向き?栄養を調べてみたら驚きの結果!

牡蠣は加熱用と生食用がありますが、ダイエットにおすすめなのは加熱用のほうです。生食用は殺菌した海水に一定期間保管されるため栄養が抜けてしまいます。タウリンやグリコーゲン、亜鉛が豊富でカロリーは低い。実はダイエット向きの食材かもしれません。