CATEGORY

ととけん一級が執筆したよ

  • 2019年9月4日
  • 2020年3月27日

今年はサンマが不漁ってほんと?庶民が食べられなくなる?外国船の影響?秋の味覚サンマについて知ろう

今年のサンマが不漁というのは本当なのでしょうか?今年だけ特別に不漁なのか、きちんと情報を確認することが大切です。漁獲量は年々減少していますが、日本への来遊量はどう変化しているのか。中国や韓国による漁獲はどのくらいなのか。一緒に資料を確認しましょう。

  • 2019年9月4日
  • 2020年3月9日

秋本番!入荷はいつから?旬の味覚サンマの目利きのポイントを紹介します

美味しいサンマの見分け方をプロが紹介します。よく知られているくちばしの黄色い部分が鮮やかなこと、背中が盛り上がって体高があること、ピンと立つこと以外に発泡スチロール箱の側面の数字(サイズ)を見ることや箱の中の水が濁っていないか、氷が解けていないかどうかが重要なポイントなのです。

  • 2019年9月3日
  • 2020年3月9日

【動画あり】秋の風物詩ハゼ釣り!仕掛けは?餌は?オススメポイントは?釣ったハゼは食べられる?

東京都内の秋の風物詩ハゼ釣りは家族連れでも楽しめる簡単な釣りです。餌は青イソメまたはボイルホタテを使用、8月か11月くらいまでがメインシーズンとして楽しめます。ポイントとして江東区クローバー橋での釣り方やおすすめの仕掛けなどを紹介しています。

  • 2019年8月22日
  • 2020年3月9日

高知県の郷土料理『皿鉢料理(さわちりょうり)』がスゴイ!カツオの刺身やサバの姿寿司などを豪快に盛り付ける宴会料理!

高知県の郷土料理『皿鉢料理』はイベントごとやお祝い、お盆や正月などにふるまわれる宴会料理です。カツオのたたきやゴマサバの姿寿司、あるいは羊羹(ようかん)まで、大皿にとにかくごちそうを豪快に盛り付けた料理です。YouTubeチャンネル『さかなでのみましょう』では実際に皿鉢料理を作って食べています!

  • 2019年8月20日
  • 2019年8月28日

きちんと答えられますか?牡蠣の『生食用』と『加熱用』の違いを解説します

牡蠣の生食用と加熱用の違いですが、もしかして鮮度が良いものが生食用、鮮度が落ちているものが加熱用なんて思っていませんか?それはまったくの誤解です!細菌の少ないきれいな海から水揚げして一定時間紫外線で殺菌したものが『生食用』、殺菌せずに水揚げした直後に出荷したものが『加熱用』となります。

  • 2019年8月6日
  • 2020年3月9日

【動画あり】とってもカラフルな珍魚『シマハタ』を刺身とあら汁と湯引きでいただく。お味は?

おそらくほとんどの方はご存知ないと思います。この超絶カラフルな魚。ハタ類の中でもめったに関東には入荷しない(と思われる)まさに珍魚です。めだか水産広報部がお届けするYouTubeチャンネル「さかなでのみましょう」では、シマハタの解説から捌くシーン、食べるところまでを楽しくお届けしています。

  • 2019年8月5日
  • 2020年2月27日

水産業界に就職したい人は見て!どんな仕事がある?動向は?業界研究にどうぞ!

私たちの生活に欠かすことのできない農林業や水産業。これらをまとめて農林水産業といいます。農林水産業とは、具体的には人間生活に必要な食料や木材などを生産する仕事のことです。と聞くと、就職したら米を作る農家のような仕事をするのかとか、漁師のように船で海へ出て魚を獲る仕事をするのかと思いがちですが、決してそんなことはありません。今あなたが学生さんで、水産関係の会社に就職することになったとしても、大半は他の多くの業界と同じように営業や人事、マーケティングなどの仕事に就くことになるでしょう。水産業界は魚介類の生産から流通、販売を行う仕事と考えてもらえればと思います。水産業という業界の中にも、漁業、流通業・卸売業、IT業、小売業、製造業など様々な分野があるのです。

  • 2019年7月29日
  • 2020年3月9日

流通のプロが教える!鮮魚店の流通と本当に美味しい魚屋を見つけるポイント

鮮魚店に足を運んだ記憶ってありますか?昔ながらの個人経営の鮮魚店は時代とともに激減し、とくに都会では今や絶滅状態です。良質な鮮魚店を見分けるには、まずは鮮魚の流通ルートを少しでも知っておく必要があります。より美味しい鮮魚店を選ぶにはどのようなポイントがあるでしょうか?