ととけん一級が執筆したよ

3/5ページ

ブリは代表的な出世魚!ワラサ、イナダ、ブリの違いって?地方ごとのブリの呼び名を調べてみました

出世魚とは稚魚から成魚まで成長段階に応じて名前が変わる魚のことをいいます。ブリは関東地方ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、関西地方ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリ、北陸地方ではツバエソ→フクラギ→ガンド→ブリとなります。養殖ブリをハマチと呼ぶこともあり注意が必要です。

潮干狩りや旬のアサリは『冷凍』が超おすすめ!手順は?調理は凍ったまま?いつまで食べられる?

潮干狩りで獲ったアサリやスーパーで大量に買ったアサリは冷凍すると便利です!冷凍アサリの砂抜き方法、解凍はどうする?洗って冷凍?いつまでに使い切る?そもそも砂抜き不要?お湯で砂抜きすると死ぬ?などアサリの耳より情報満載。

アサリの旬の時期は春の4月から6月と秋の2回!産卵期の直前が美味しい理由を説明します

アサリは産卵期の前にあたる4月から6月ごろの春の時期と、9月から10月ごろの秋の時期が旬になります。旬の時期には身入りがよくなり味も入荷量も増えてきます。5分でできる超簡単ワイン蒸しの美味しい作り方も紹介します。

【検定】『深海生物検定』2級に合格!難易度と勉強方法をさかな検定1級のプロが解説します

深海生物検定の2級に合格しました。勉強方法や受験資格、受験方法や公式テキストの紹介まで。日本さかな検定1級の筆者がお伝えします。年齢層も非常に幅広く、マニアックな知識というよりは楽しんで受験することができるおすすめの検定です。

【クジラ缶】木の屋石巻水産『鯨大和煮』が美味しい!臭みなく初めて食べる人でも絶賛

木の屋石巻水産『鯨大和煮』のレビューです。初めて鯨を食べましたが硬くてクセがあって食べにくいというイメージは完全に払拭、非常に美味しくてしかも低カロリーな食べ物でした。おつまみにも非常におすすめ。

ハマチとブリって何がどう違うの??素朴な疑問をおさかなのプロが解説します

ブリとハマチの違いを解説します。これは筆者の考察ですが、ブリの生産地は九州・四国ですので最初は養殖ブリを関西地方を中心に出荷していたのではないでしょうか。その後流通の発達により関東地方にも浸透するようになり『ハマチ』の名で流通するようになったのではないでしょうか。

【プロが解説】養殖魚の餌、流通、育て方について!天然との違いは?

最近では『近大マグロ』や『みかんブリ』『かぼすブリ』など、ブランド化されて付加価値を持った養殖魚も多く出回るようになりました。では、こうした養殖魚はどのように生産され、なぜ『養殖なのに天然よりも高値で取引される』ようになるのでしょうか。その理由を、生産方法や流通方法などから解説していきます。

サンマにつく寄生虫『ペンネラ(サンマヒジキムシ)』!黒いヒモのような奇妙な生物は人間には無害です

サンマの体にヒジキのような黒いヒモのようなものがくっついていたことはありませんか?それはペンネラ(サンマヒジキムシ)という寄生虫の一種です。食べても人間に寄生することはなく無害です。安心してください。このサンマヒジキムシについて解説しています。

魚のプロが書きました!おすすめ水産物の記事まとめ8選【2018年版】

ほぼ毎日必ずなにかしらの魚や水産物を食べてきためだか水産広報部が自信をもっておすすめする水産物のレビュー記事や紹介記事です。それぞれパッケージ写真だけでなく断面や開封後の写真も掲載している、めだか水産のメインコンテンツです。

1 3 5