豊洲市場の4階『魚河岸横丁』は見学者でも買い物可能!プロが使う鰹節や昆布、包丁やお茶を購入!玉子焼きもあるよ

豊洲市場の4階『魚河岸横丁』は見学者でも買い物可能!プロが使う鰹節や昆布、包丁やお茶を購入!玉子焼きもあるよ

年末は市場がもっとも盛り上がる季節

豊洲市場に移転してから今年2018年が初めての年末です。年末は水産業界や市場が一年の間でもっとも盛り上がる時期、そしてもっとも忙しい時期です。なぜなら年末年始はとにかく日本人がみんな水産物を食べるんです。

十脚目はエビやカニのグループ。エビとカニはけっこう近い仲間なのだ
年末といえばエビやカニ、マグロなど水産物を食べたくなるんですよね

年末にはカニやマグロ、年越しそばにエビ天、年始のいくらやおせちにはどれも水産物がそろいますよね。魚屋さんでは年末の3日間で1か月分の売り上げを作るなんてこともあります!

豊洲市場の6街区4階は誰でも入れる

築地市場のころには『魚河岸横丁』や『水神様通り』として市場内にお店を構えていた方々などが、豊洲市場では6街区(水産物部)の4階にお店を移しました。

今はなき築地市場の水神様通り。豊洲へ無事に移っています
今はなき築地市場の水神様通り。豊洲へ無事に移っています

築地市場、魚河岸横丁の雰囲気はこんな具合でした。
築地市場、魚河岸横丁の雰囲気はこんな具合でした。

豊洲市場の6街区4階は見学者も入場し自由に買い物ができます。今回紹介するのはその4階のお店です。こちらは見学者の方でも入ることができ、様々な買い物や休憩を楽しむことができます。

アクセス方法

ゆりかもめ線『市場前』駅を降りて、改札を出たら右に進んでください。来場前には休市日の確認をお忘れなく!

市場前駅から左に進みます
市場前駅から右に進みます

改札を出て右側に向かうと水産物を扱う6街区、左に進むと青果を扱う7街区に行けます。右側をそのまま進んでいくと、見学者用通路に入ります。
水産仲卸売場棟へ向かう道
豊洲市場は屋根があるので雨の日でも安心

見学者用通路を進んでいった先にエスカレーターの部屋がありますので、そこから4階に向かってください。1階(水産仲卸売場)に向かうエスカレーターもありますが、そちらは見学者の方は入場できません。
関連物販店舗へのエスカレーター
関連物販店舗へのエスカレーター

玉子焼き、鰹節、昆布、包丁も!プロ御用達のお店がズラリ

4階に上るとずらっといろんなお店が目に入ります。数十店舗もお店があるので、あらかじめ見ておくところは目星をつけておくと良いかもしれません。

豊洲市場 魚河岸横丁 マップ
豊洲市場 魚河岸横丁 マップ

テリー伊藤さんのご実家として有名な玉子焼き屋さん『丸武』

豊洲市場の玉子焼き屋さん『丸武』
豊洲市場の玉子焼き屋さん『丸武』

こちらは築地でも非常に有名な玉子焼き屋さんの『丸武(まるたけ)』です。お正月にはなぜだか玉子焼きを食べたくなりますよね。手巻き寿司の具材としても優秀です。オリジナルの保冷バッグも販売していました。
テリー伊藤さんの祝開店のお花も
テリー伊藤さんの祝開店のお花も

豊洲市場には味噌も!お味噌のお店『蔵乃屋』

なんとお味噌の量り売りのお店もあります。『蔵乃屋』さんでは10種類以上の味噌を量り売りしています。webサイトを見た限りでは、お店はこの豊洲市場の4階にのみ存在しているようです。ここでしか買えないと思うとうれしいですね!

豊洲市場にはお味噌の店も!『蔵乃屋』
豊洲市場にはお味噌の店も!『蔵乃屋』

この日は『伊予麦みそ』『米麦合わせすり味噌』『美麻天然二年みそ』などがありました。どんな味なのかとっても興味深いですね。。。

日本初!?チーズのお店『豊洲チーズ市場』

豊洲市場にはなんとチーズのお店まで
豊洲市場にはなんとチーズのお店まで

なんと豊洲市場にはチーズのお店まであるんです。私も初めて見たときは見間違いかと思いました。どうやらこのお店はもともとチーズ専門店やチーズの卸売業を行っている会社だそう。

稚拙な表現ですが外国でよく見る感じの大きなホールチーズをカットして販売しています。和洋中とすべての食材がそろう豊洲市場、まさに最強なのではなかろうか。

乾物の種類が多すぎて困る『乾物秋山』

しいたけだけで数十種類。乾物だらけの『乾物秋山』さん
しいたけだけで数十種類。乾物だらけの『乾物秋山』さん

こちらは和食や中華によく利用される乾物類を取り扱う『乾物秋山』さん。なんと干ししいたけだけで数十種類も取り扱っているという、まさに乾物のプロ。昆布も選べないほどたくさんの種類がありました。
かつおぶし屋さん『秋山商店』
かつおぶし屋さん『秋山商店』

お隣には鰹節屋さんの『秋山商店』さん。削りたての鰹節を購入することができますよ。ちなみに鰹節にもたくさんの種類があり、マグロを使ったものやサバを使ったものなど、料理に合わせて選ぶそうです。奥が深いですね。

見てるだけで欲しくなる!プロ向け包丁の『正本(まさもと)』

外国人にも大人気。『正本』
外国人にも大人気。『正本』

料理人の憧れの包丁といえばこの『正本(まさもと)』でしょう。和包丁だけでなく洋包丁やうなぎ包丁、貝むきなども販売しています。
包丁以外にも小道具がたくさん
包丁以外にも小道具がたくさん

見ているだけでもカッコよくて欲しくなっちゃいますね。お手入れにはコツが必要ですが、一本持っているだけで自慢できるかもしれませんよ!

まだまだ紹介しきれないくらいたくさんのお店がある!

これまで紹介した豊洲市場の4階にある関連物販・食品販売『魚河岸横丁』はまだまだ魅力的なお店がたくさん並んでいます!豊洲市場に来たら是非とも足を運んでみてください。

豊洲市場・築地市場カテゴリの最新記事