メダカの水換え頻度とタイミング、水換え方法について!週1回?週2回?

メダカの水換え頻度とタイミング、水換え方法について!週1回?週2回?

メダカの飼育をしていて迷ってしまうのが水槽やメダカ鉢の水換えをいつごろどのくらいの頻度で行えばいいか、ですよね。

冬の間は水換えしたほうがいいのか、カルキ抜きは入れるべきなのかなど、メダカの水換えについて解説します!

メダカの水換え頻度とタイミング、水換え方法について!週1回?週2回?

水換えタイミングはずばり『水が汚れる前に換える』

水換えは基本的に水が汚れる前に行いましょう。毎日観察しているときに『水が濁ってきた』とか『水の色が少し変わってきた』『汚れが底に溜まってきた』というのが目安になります。

頻度がわからなければ週1~2回、1/3から1/2の水換えを

水換えのタイミングがわからなければ、週に1回から2回、1/3から1/2の量を交換しましょう。しかしこれは飼育しているメダカの量や季節、餌の与え方などで大きく異なります。目安として、水量1リットルにつき1匹の飼育であれば、週に1回、1/3の量の水換えで済むと思います。

春から夏はメダカの活性も非常に高くなり、餌を与える量やメダカのフンも多くなるため水換えは頻繁に行いましょう。

水槽の底に茶色いもやもやした汚れがあったら水換えのサイン!
水槽の底に茶色いもやもやした汚れがあったら水換えのサイン!


めだか水産広報部では室内の60cm水槽でメダカを60匹くらい飼育しています。水換えの頻度は週に1回から2回、約半分の量を交換しています。水質の悪化によってメダカが死んでしまうことはまったくありませんでした。
水槽飼育のメダカ
水槽飼育のメダカ。メンテナンス性を重視して砂利を省きました

水換えは一度に2/3くらいまでを限度に

交換する水の量は一回につき全体の1/3から半分くらいが良いとされています。というのも、水を交換すると水槽内の『ろ過バクテリア』と呼ばれる、水をろ過する働きのある微生物が減ってしまうためです。

また、水槽内の水温や酸素濃度、pH値などの水質が急激に変化してしまい、中に住んでいるメダカたちには大きなダメージとなってしまいます。一気にすべての水を交換することは避けましょう。

水換え後の白濁りは危険!

初心者の方にありがちなパターンとして、水換え後に水が白く濁ってしまう、ということがあります。

白濁りの正体や発生する条件などはまだ詳細に判明していないようですが、これまでの経験からいうと一度に大量の水換えを行ったあとや、水換えと砂利やフィルターの掃除を同時に行ったときに発生しやすいように感じます。

狭いメダカ水槽に餌の与えすぎは禁物です!
狭いメダカ水槽に餌の与えすぎは禁物です!

つまり前述したようにろ過バクテリアの数が急激に減ってしまい、ろ過がうまく働いていないことが考えられます。そんなときにメダカへの餌を多く与えてしまうと、さらに水質が悪化してしまう可能性があります。白濁りしてしまったときは餌は少なめに抑え、少量ずつ水換えをしながらろ過バクテリアが増えるのを待ちましょう。

水換え方法について

水温が急激に変わらないようにしよう

水換えのときに注意していただきたいのは、まずは水温。飼育している水槽やメダカ鉢の水温とあまり変わらないようにしましょう。メダカは基本的にはかなり丈夫な魚ですが、できるだけストレスなく飼ってあげたいものです。

カルキ抜きをしよう

もうひとつ注意したいのはカルキ。カルキとは水道水に含まれる消毒目的の薬品(次亜塩素酸カルシウムなど)のことです。これらを無害化することでメダカを飼育することができます。

昔はどの飼育本にもバケツに1日おいた水を使いましょう、と書かれていましたが、現在ではカルキ抜きの液体がホームセンターやアクアリウムのショップなどで販売されていますのでこちらを使いましょう。価格も1本で数百円です。100均のダイソーでも販売されていたのを見たことがあります。

GEXのカルキ抜きです。安いからこれにしました。
GEXのカルキ抜きです。安いからこれにしました。

そもそもカルキ抜きが必要なのかといえば、1/5くらいの水換えならあまり気にする必要はなく水道水をそのまま加えてもそんなに問題はないかと思います。※もちろんお住まいの地域や季節にもよるので、自己責任でお願いいたします。

まとめ:メダカ水槽の水換えはコツをつかめば安心!

ということでメダカの水換えタイミングや頻度、方法について解説しました。

メダカはコツをつかめば繁殖を楽しむことも容易で、費用も少なくこどもでも飼育することができる素敵な生き物です。ぜひ長く大切に飼ってあげてください。

我が家のメダカビオトープ。水槽飼育よりも餌は少なめ、回数も1日1回。
我が家のメダカビオトープ。水槽飼育よりも餌は少なめ、回数も1日1回。

めだか水産広報部ではこの記事のほか、メダカの飼育方法や稚魚の育て方、メダカビオトープの作り方などをご紹介しています。トップページから是非ご覧いただければと存じます。

メダカカテゴリの最新記事