【メダカ】屋外と室内どっちが良い?水槽でメダカを飼うメリットとデメリットを紹介

【メダカ】屋外と室内どっちが良い?水槽でメダカを飼うメリットとデメリットを紹介

メダカ飼育、室内と屋外どっちがいい?

メダカを飼育しようと考えたとき気になることといえば、室内で飼ったほうがいいのか、屋外で飼ったほうがいいのかですよね。

外飼い?室内飼い?メダカはどちらでも楽しめる
外飼い?室内飼い?メダカはどちらでも楽しめる

めだか水産は屋外と室内水槽の両方でメダカを飼育しています。今回は室内で室内でメダカを飼育することのメリットとデメリットをご紹介します。

室内飼育のメリット:観察が容易

室内での水槽やプラケースでの飼育するメリットは、なんといっても観察が簡単なことでしょう。屋外飼育(睡蓮鉢やトロ舟などの非透明の容器)ですと、上からの観察(いわゆる上見)には向いていますが横からの観察が困難です。

横見ならメダカの観察も楽
横見ならメダカの観察も楽

横から観察できることのメリットは、メダカのかわいらしい姿を横から眺められるということだけではありません。体形の異常がいち早くわかったり、すべてのメダカが餌をきちんと食べているかなど、メダカの健康管理にも非常に役立ちます。

室内飼育のメリット:いつでもメダカと一緒に過ごせる!


メダカの飼育というと地味な砂利に金魚と同じ水草がゆらゆら…というイメージの方が多いかもしれませんが、最近ではアクアリウムのように
様々な種類の水草を植えたりして楽しむ方も増えてきました。

さらにメダカ自体も品種改良により赤色や黒色のものやラメが入ったもの、ヒレが長いものなど美しい品種が多くなっています。メダカはこれから日本を代表する観賞魚になっていくでしょう!

そんなずっと見ていても飽きないメダカと同じ部屋で一緒に過ごせるのは室内での水槽飼育の大きなメリットですよね。

室内飼育のメリット:ヒーターやろ過フィルターを設置できる

屋外にヒーター観賞魚用のフィルターなどを設置するのはなかなか大変です。しかし水槽なら、あたりまえですがヒーターやフィルターは簡単に設置できますよね。

エアポンプも必要になってくるかも
エアポンプも必要になってくるかも

ヒーターを入れておけば真冬にもメダカの元気な姿を見ることができますし、自然環境では絶対に不可能な産卵を冬の時期に楽しむことができます。

また、フィルターを設置すれば水換え頻度を少なくしたり水質が安定する効果があります。しかし、適切な水換えとじゅうぶんな水量があれば、室内飼育でもフィルターの設置は必須ではありません。

室内飼育のデメリット:水量が少ない

室内での飼育の一番のデメリットは水量が少ないことかもしれません。メダカをはじめとする魚類は常に周りの水質の変化によって健康の影響を受けます。

水量が少なければそれだけ水質の変化が激しくなってしまいますので、たとえばメダカを過密気味に飼育しているとすぐに水質が悪化してしまい、メダカが弱ったり死んでしまったりする原因となるのです。

室内での水槽飼育で水質の悪化を抑えるためにはフィルターの導入水換えの頻度を上げること、餌を与える量を調整するなどがあります。

室内飼育のデメリット:費用がかかる

室内で快適にメダカ水槽を置こうと思うと、水槽のほかに水槽台、照明(ライト)、ろ過フィルターなどの設置が必要になってくる場合があります。観賞魚用の器具は意外に高価なものも多いため、デザインや性能の良いものをそろえようと思うとかなり高額になってしまう可能性があります。

ろ過フィルターの交換材などランニングコストもかかる
ろ過フィルターの交換材などランニングコストもかかる

室内飼育のデメリット:地震のリスクがある

日本は言うまでもなく地震大国ですよね。水深にもよりますが地震が来ると水槽やプラケースは少しの揺れでも水がこぼれてしまう原因になります。筆者も仕事中や学校中に地震が発生して大変な目に合ったことが何度かあります。

水深を調整したり蓋を設置することである程度は水もれを防ぐことはできますが、ゼロになることはないのではないでしょうか。

まとめ:ライフスタイルに合わせてメダカ飼育を楽しみましょう

部屋の大きさやどんなふうにメダカを飼育したいかなど、ライフスタイルに合わせてメダカの飼育を楽しんでみてください。

機材にこだわるとキリがないのでこれは1000円程度のクリップライト
機材にこだわるとキリがないのでこれは1000円程度のクリップライト

めだか水産では屋外でメダカビオトープとう飼育方法も提案しています。春から秋にかけてのメダカシーズンにとてもおすすめです。
メダカビオトープ関連の記事はこちら
安全にハダニを駆除してビオトープを楽しみましょう
メダカビオトープは魅力満点

メダカカテゴリの最新記事