メダカの水替えにカルキ抜きは必要?汲み置き水でもOK?どんなものを使ったらいい?

メダカの水替えにカルキ抜きは必要?汲み置き水でもOK?どんなものを使ったらいい?

メダカ飼育には基本的に水替えが必要です

どんどん暖かくなるにつれて、メダカの食欲も増加してくる時期になってきました!みなさんのメダカ水槽やメダカ鉢にも産卵や孵化がどんどん進んでいることかと思います。

メダカが大きくなってきたり、数が増えたりエサを増やしたりすると水が汚れるスピードも早くなってきます。メダカに限らず、観賞魚の水替えは『水が汚れる前(汚れていると気付く前)』に行うのがおすすめです。水が濁っていたりニオイが出ていたりするということはメダカにとって有害な物質(アンモニアなど)が発生している場合があります。

水替え不要にすることもできなくもない

あらキレイ。我が家の癒しのビオトープ
あらキレイ。我が家の癒しのビオトープ

大きな容器にたくさんのろ材や土を入れ、水草を植えて少量のメダカ飼育であればほとんど水替えしなくていい状態にすることもできますが、水替えはなるべく行ったほうが無難です。とくに卵をたくさん産ませたい、稚魚を健康に育てたい、という場合は水替えは必須です。

水替え時にはカルキ抜きか汲み置き水を使おう

家庭の水道水にはカルキ(ざっくりいうと塩素)が含まれており、このままではメダカにとって有害な物質です。カルキを除去(無害化)するために行うのが、カルキ抜きの投入または汲み置き水の使用です。

本記事ではカルキ抜きを使った水替えと汲み置き水を使った水替え、それぞれの方法を解説します。

カルキ抜きには液体タイプと固型タイプがある

まずカルキ抜きを使った水替えの方法から説明します。カルキ抜きの薬品には液体タイプと固型タイプがあり、現在は液体タイプが主流です。重金属を無害化とかバクテリア入りとかいろんな効果を謳った製品が出回っていますが、カルキ抜きとして考えれば基本的な効果はどれも一緒です。気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

GEXのカルキ抜きです。安いからこれにしました。
GEXのカルキ抜きです。安いからこれにしました。

ちなみに最近ではなんとダイソーなど100円ショップでも液体タイプのカルキ抜きが販売されています。アクアリウムやメダカは凝りだすとどんどん出費してしまうなんてことがありがちなので、メダカや水草などの生体以外はとにかく安く抑える!のがおすすめです。

昔ながらの固型タイプはハイポとも呼ばれる

固型タイプのカルキ抜きはハイポとも呼ばれています。チオ硫酸ナトリウムという物質の結晶で、ホームセンターや観賞魚を扱うペットショップなどで販売されています。我が家ではカルキ抜きは液体ではなくこちらの固型タイプを使用しています。

液体タイプもありますが固型のほうが安価
液体タイプもありますが固型のほうが安価

なぜハイポを使うのか?

我が家で固型タイプのカルキ抜きを使う一番大きな理由は『とにかく安い』こと。液体タイプと比較すると数倍の量を中和できるので非常に経済的です。あといくつかの理由としては『液体タイプのカルキ抜きはフタを閉めるのが面倒』『こぼしたときや投入時に指や服に液体が付着するのがイヤ』などが挙げられます。このへんは好みの問題なので使いやすいものを使うと良いでしょう。

水替えの方法と量、頻度について

水替え頻度はメダカの数と水量、与える餌に大きく左右される

よく1週間に1回、1/2~1/3の量を水替えしましょう、という記述がありますが必ずしも正しいとはいえません。水槽や鉢の大きさ、メダカの飼育密度、餌を与えている量や回数などによって必要な水替えの量や頻度が大きく左右されるためです。我が家の60cm水槽では小さめのメダカを50匹ほど飼育することがあるのですが、その場合はほぼ毎日1/3くらいの量を水替えしています。

水替え回数や頻度の目安

目安としては10リットル程度の容器にメダカを5匹飼育している状況なら、週に1回~2回、1/2から1/3の量を水替えするくらいかと思います。(あくまでも個人の見解です)もちろん水道水を使用する際にはカルキ抜きを忘れないようにしましょう!

屋外飼育ではメジャーな睡蓮鉢も室内だとデメリットが
このくらいの大きさの鉢で約10リットル

メダカカテゴリの最新記事