『マルハ 月花いわし水煮』トロトロにやわらかい

イワシのEPAで美肌に!美容に最も効率の良い食品は『イワシ缶』だ!

イワシは美容・美肌に効果あり!

青魚の代表であるイワシ。かつてはたくさん獲れたものの、20年ほど前には激減し高級魚の仲間入りとさえ言われました。

それが近年は豊漁のため価格が下がっており、加工品や鮮魚が多く出回るようになっています。そしてそのスゴイ美容健康効果から注目を集めています。

これは現在豊漁のマイワシ
イワシはこれからもっと増えそうな気配がある

青魚は栄養価が高いということはよく知られるようになりましたが、実はイワシが美容や美肌、そして健康にも効果があるってご存知ですか?

イワシやイワシ缶詰のことならめだか水産にお任せください!ということでイワシの美容効果を紹介します。

イワシの脂質に含まれるEPAが美容と健康に効果大

冒頭に示したように、イワシが近年熱い視線を浴びています。

その理由は、イワシの脂に含まれる『EPA(エイコサペンタエン酸)』という栄養素に様々な美容・健康効果があるということがわかってきたからなんです。

EPAとは、人間の体内で合成することができないため食べ物などから摂取する必要がある『必須脂肪酸』の一種です。

必須脂肪酸にはEPAやDHAのようなオメガ3系(ωー3、n-3)脂肪酸と呼ばれる種類と、大豆油やサラダ油のようなオメガ6系(ω-6、n-6)脂肪酸という種類があります。

マルハ いわし煮付 月花 栄養成分表示
EPAやDHAが製品のアピールポイントにもなっている

EPAは美容と健康に嬉しい天然のサプリ

EPAは肌荒れを改善し、乾燥を防ぎ、美肌効果があり、天然のサプリメントといえます。

さらに最近の研究で、EPAを代表としたイワシなど海洋由来のオメガ3系脂肪酸が、心疾患や血管疾患による死亡リスクを下げることが明らかになっています。

コレステロールや中性脂肪を下げるためイワシを積極的に食べましょう
コレステロールや中性脂肪を下げるためイワシを積極的に食べましょう

さらに、血管内の血栓を減少させる効果があることから血流を改善(いわゆる血液サラサラ効果)し、美肌効果にもつながると考えられます。

健康面では、動脈硬化や心臓病、LDLコレステロールや中性脂肪の減少などに役立つことが知られています。

 

現代の私たちの食生活では、オメガ6系脂肪酸の摂取はじゅうぶん摂取しているとされる一方、オメガ3系脂肪酸は不足しがちです。

健康で美しい肌や体には全身の血流の良さは欠かせません。。EPAで体を内側からキレイにしましょう。

さらに薄毛にも効果あり!?

男女問わず、加齢とともにどうしても失ってしまうもののひとつに髪の毛があります。

イワシに多く含まれるEPAは薄毛に効果があるとさえいわれています。

あるテレビ番組では、実際にイワシ水煮缶生活を続けたお笑い芸人さんに効果があったと放送されていました。(イワシ缶については後述します)

表面の透明な液体はなんと脂!いいイワシです!
表面の透明な液体はなんと脂!これが薄毛に効果あり

美容に効果の高いEPAを最も多く含むイワシの種類は?

ご存知の方も多いと思いますが、日本で『イワシ』と名前がついて一般に流通している魚には主に3種類が存在します。

煮干しやアンチョビ、オイルサーディンなどの原料となる「カタクチイワシ」、めざしの原料となる「ウルメイワシ」、そして大群をつくって日本各地を回遊し、日本で最も多く漁獲される『真のイワシ』である「マイワシ」です。

美容にうれしいEPAを多く含むのはマイワシ

このうち、EPAを多く含み美容や健康効果が話題になっているのは「マイワシ」です。

マイワシはイワシの中でも最も脂肪分が多く大型で、大量に水揚げされる特徴があります。

美容効果の高いイワシ缶の選び方

【国産原料のイワシ缶】が最もEPAを摂りやすい

イワシの美容効果として前述したEPAやDHAは、イワシの脂肪分に含まれています

そして現在、イワシは日本国内で漁獲量を増やしており、なおかつ日本近海で脂が乗った大型のものが多くなっているのです。

脂の乗ったマイワシの刺身。血合いの上にある白い部分が脂です。EPA,DHAがたっぷり
脂の乗ったマイワシの刺身。血合いの上にある白い部分が脂です。EPA,DHAがたっぷり

特に脂が乗る旬の時期(イワシは梅雨~秋が旬)に獲れた大型のイワシは、皮の下が脂で真っ白になるほど。

そんな国産のイワシを美味しく手軽に摂るには、実はイワシ缶(とくに水煮缶)が一番おすすめです。

マルハ 月花いわし水煮
もっともオススメは『マルハ 月花いわし水煮』

イワシ水煮缶なら煮汁ごと料理に使えるため、EPAがたっぷり含まれた脂肪分を余すことなく摂ることができます

さらに、イワシ缶は骨ごと食べられるように加圧調理されているため、骨に多く含まれるカルシウムも効率よく撮ることができます

ほどけるやわらかさ。骨の存在はわからないくらいホロホロに煮込まれています
缶詰なら骨や皮まで手軽に食べることが出来る

さらにさらに、皮もそのまま食べることができます。

魚の皮には栄養がたっぷり。ぷるぷるお肌といえばこれ、美容の源『コラーゲン』や、皮膚や粘膜に作用する『ビタミンA』、発育ビタミンとも呼ばれ、脂肪の代謝や細胞の再生を助ける『ビタミンB2』が多く含まれています。

しらす干しも美容・アンチエイジング効果あり

イワシ水煮缶と同様に、朝食のおともであるしらす干しや釜揚げしらすもイワシをそのまま摂取できるため、効率的にカルシウムやDHA、EPAを摂取することができます。

女性は50代ごろから骨粗鬆層のリスクが増えます。カルシウムをしっかり摂って、いつまでも美しく健康にありましょう。

イワシの食べすぎは危険?

イワシは脂肪分やコレステロールの多い魚なので、食べすぎると体に良くないと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これは最近では否定されつつあり、なんとEPAがコレステロールを減少させる効果があることから、逆にイワシの脂肪は積極的に摂るべきだという意見があります。

 

注意するとしたら、しらす干しや釜揚げしらすにはプリン体が多く含まれています。

プリン体が気になる方は食べすぎに注意したほうが良いかもしれません。

まとめ:イワシは美容と健康に効果的なスーパー食材

  • EPAとDHAが血流を改善、美容と健康に効果
  • EPAの効率的な摂取には『国産原料のイワシ水煮缶』が最もおすすめ
  • しらす干しはカルシウムたっぷり!いつまでも美しく健康でいよう

イワシ、イワシ缶の美容関連記事はこちら

関連記事

[adcode] ついに時代が追い付いた!イワシ缶ブームの予感 これまで私たちめだか水産広報部は、イワシ缶の健康効果やダイエット効果、おすすめのイワシ缶などの様々な記事を執筆して参りました。 いわし缶の健康成分EPA、どれが多いか[…]

マルハ 月花いわし水煮
関連記事

[adcode] サバ缶といわし缶どっちが優れてる?素朴な疑問 ある日、めだか水産に1通のお問い合わせがありました。その内容がこちら。※文章は要約させていただきました 我が家ではサバ缶とイワシ缶どっちがいいかという議論になっていま[…]

結局のところ『サバ缶』と『いわし缶』どっちが栄養価が高くて健康に良いの?違いはなに?気になる疑問にお答えしました
関連記事

[adcode] イワシの健康効果に注目が集まっている 青魚の代表選手といえばイワシですよね。塩焼きや丸干し、刺身やお寿司にも向いている美味しい魚として日本人に古くから親しまれている、いわば大衆魚です。 [caption id="at[…]

青魚イワシの健康効果がスゴイ。EPA、DHAで薄毛や血液サラサラ、栄養も豊富な秘密を大公開!
関連記事

[adcode] サバ缶に続け!いわし缶のブームはこれから サバ缶の次にブームになるといわれているいわし缶。めだか水産ではこれまでおすすめのいわし缶レビューや、原料となるいわしについて様々な情報を発信してきました。 情報はこちら→めだ[…]

いわし缶の製造日に注目って本当にあてになる?旬の時期に作られたものが美味しいのか考察!
『マルハ 月花いわし水煮』トロトロにやわらかい
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!