アユはダイエットに効果あり?効果なし?健康的に美しくなる驚きの栄養素を解説

アユはダイエットに効果的?

アユは、日本で広く養殖されている淡水魚の一種です。その美味しさや旬の時期から日本では古くから親しまれており、釣りの対象としても有名です。低脂肪でありながら、タンパク質やビタミン類を豊富に含み、ダイエットにもおすすめの食材です。

以下に、アユのダイエットに関する情報を提供します。

アユのカロリーは高い?低い?

アユ(養殖・生)は、100gあたり約138kcalであり、タンパク質含有量は約18gです。低脂肪でありながら、タンパク質含有量が豊富であり、ダイエットに適しています。

比較すると、同じくタンパク質が豊富な鶏胸肉は、100gあたり約165kcalで、タンパク質含有量は約31gです。アユは鶏肉よりもカロリーは低く、タンパク質含有量も十分な量が含まれています。

食品成分データベースは、食品成分に関するデータをインターネットを通じて提供しているものです。 …

created by Rinker
yayoi Good food
¥4,590(2024/06/16 09:33:37時点 Amazon調べ-詳細)

ダイエットに効果的なアユの栄養素

アユにはダイエットに効果的なたくさんの栄養素が含まれています。

中でも、特に注目すべきアユに豊富な栄養素を紹介します。

アユの特徴的な栄養素『ビタミンB12』

ビタミンB12は、水溶性ビタミンの一つで、赤血球の生成や神経系の正常な働きに必要な栄養素です。適切なビタミンB12の摂取により、以下のような健康へのメリットが得られます。

まず、ビタミンB12は、赤血球の生成に関わっています。ビタミンB12は、赤血球の生成に必要なDNAの合成を促進するため、貧血の予防や改善に効果的です。また、ビタミンB12は、神経系の正常な働きにも必要であり、神経系の病気の予防に役立ちます。

次に、ビタミンB12は、脳機能の維持や向上にも役立ちます。ビタミンB12は、神経系の働きに必要な栄養素であり、脳機能の低下や認知症の予防に役立ちます。また、ビタミンB12は、気分の安定や精神的な状態の改善にも効果的です。

さらに、ビタミンB12は、エネルギー代謝に関わっており、疲れやストレスから身体を守る効果があります。ビタミンB12は、炭水化物、脂質、タンパク質の代謝に必要であり、身体に必要なエネルギーを補充することで、疲れやストレスから身体を守ることができます。

ダイエットにおいては、ビタミンB12は、エネルギー代謝に関わっているため、ダイエットに効果的です。特に、ビタミンB12を多く含む食品としては、肉類や魚介類、乳製品、卵などがあります。ただし、ビタミンB12は、植物性食品にはほとんど含まれていないため、ビーガンやベジタリアンの方は、サプリメントや栄養補助食品を摂取する必要がある場合があります。また、ビタミンB12の不足は、神経系の病気や貧血の原因となるため、適切な摂取を心がけましょう。

アユの特徴的な栄養素『ビタミンD』

アユに含まれるビタミンDは強い骨や歯を維持し、骨粗鬆症を予防するためや健康のために必要な栄養素です。

ビタミンDは脂溶性(脂に溶けやすい性質)のビタミンです。マグロやサケといった脂肪の多い魚はビタミンDを多く含んでいるとされています。

またビタミンDは皮膚が直茶日光に当たることで体内で生成される栄養素です。美容のためやテレワークなどで日光に当たる機会が少なくなっている今、美しく健康的なダイエットのため、ビタミンDを食事から摂取することが重要です。

栄養状態の悪かった昭和30年頃まではビタミンD不足で骨に異常がある子どもが多く、対策として魚から得た肝油で作られたドロップなどを食べさせる習慣がありました。

現代人も潜在的にビタミンD不足の人が多いと言われています。アユを意識的に食事に取り入れ、健康的な体でダイエットを成功させましょう。

アユの特徴的な栄養素『カリウム』

カリウムは、身体の多くの機能に不可欠なミネラルの一つであり、神経伝達や筋肉の収縮、心臓の機能などに関与しています。適切なカリウムの摂取により、以下のような健康へのメリットが得られます。

まず、カリウムは、高血圧予防に役立ちます。カリウムは、ナトリウムの排泄を促進するため、高血圧の改善に効果的です。また、カリウムは、血管の壁を強化する効果もあるため、高血圧の予防にも役立ちます。

次に、カリウムは、筋肉の収縮や心臓の機能に必要な栄養素です。カリウムは、神経細胞の伝達や筋肉の収縮を調節するため、心臓の正常な機能にも関与しています。そのため、カリウムの不足は、心臓病や筋肉の機能低下の原因となることがあります。

さらに、カリウムは、骨の健康維持にも役立ちます。カリウムは、骨を形成するのに必要な栄養素であり、骨密度の低下を防止する効果があります。また、カリウムは、尿酸の排泄を促進するため、痛風の予防にも役立ちます。

ダイエットにおいては、カリウムは、体内の余分な水分を排出する効果があるため、むくみや水分貯留を解消する効果が期待できます。また、カリウムは、代謝を促進する効果もあり、ダイエットに効果的です。特に、カリウムを多く含む食品としては、バナナやいも類、豆類、魚介類などがあります。ただし、カリウムの過剰摂取は、筋肉の機能低下や心臓の機能異常を引き起こす恐れがあるため、適量を摂取するようにしましょう。

アユの特徴的な栄養素『ナイアシン』

アユに多く含まれるナイアシンは、ビタミンB群のひとつです。ナイアシンは、食べ物から摂取した糖質や脂質をエネルギーへ変える働きをサポートします。

エネルギーに変換されなかった糖質や脂質は脂肪となり、体に蓄えられてしまいます。肥満を予防するためにも、アユなどを食べて十分にナイアシンを摂りましょう。

ナイアシンは、お酒に含まれるアルコールの分解も助けます。頭痛や吐き気といった二日酔いは、アルコール分解がスムーズに行われなかったことが原因です。二日酔いの予防として、お酒のおつまみにアユを食べてはいかがでしょうか。

ナイアシンはアユなどの動物性食品に多く含まれており、普通の食生活では過不足しにくい栄養素です。

しかし偏った食事を摂り続けると、皮膚や消化器に異常が見られる可能性があるため、バランスのよい食事を心がけましょう。

アユの特徴的な栄養素『低カロリー』

アユは豚肉や牛肉、鶏肉などと比較すると非常に低カロリーであることが知られています。

ダイエットにとってカロリー計算はもっとも大切なことといっても過言ではありません。

アユをはじめとする魚介類は基本的に牛肉や豚肉と比較すると低カロリーな食材です。

食材によっては生で食べることができるため油を添加する必要がなく、脂質とカロリーをさらに節約することができます。

逆に火を通すことで食感が強くなって満腹感が得られる場合もあります。調理方法も気を付けましょう。

毎日の食事にアユを取り入れることで摂取カロリーを少しでも減らし、ダイエットに役立てましょう。

アユダイエットの注意点

アユは健康に大切な栄養素が豊富でダイエットに効果的と言えますが、食べすぎには注意しましょう。

カロリーを過分に摂取してしまったり、食べすぎによって消化する際に内臓に負担がかかり、肌荒れや便秘・下痢などの原因にもなります。

健康的な食材といっても食べすぎや毎日たくさん食べ続けることは避けて、野菜や果物など様々な食材と合わせて食べることを心がけましょう。

アユのダイエットレシピ

ダイエット中でも美味しい料理を食べたいですよね。

農林水産省のホームページではおかずにぴったりのアユを使ったレシピが紹介されています。

美味しいアユのレシピをチェックしてみましょう。

Twitterでもたくさんのアユのレシピが紹介されています。

アユのダイエット情報をTwitterでチェック

Twitterではアユのダイエット情報がたくさん発信されています。

まとめ

アユは、以下の栄養素を豊富に含み、ダイエットに効果的な食材とといえます。

  • タンパク質:アユに含まれるタンパク質は、筋肉を作るために必要なアミノ酸を提供します。また、タンパク質は食事を摂るときの満腹感を増加させ、食欲を抑えるのに役立ちます。 
  • ビタミンB12:アユに含まれるビタミンB12は、エネルギーを生産するために必要な栄養素であり、疲労回復にも役立ちます。 
  • ビタミンD:アユに含まれるビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、骨の健康を維持するのに役立ちます。 
  • カリウム:アユに含まれるカリウムは、水分バランスを調整し、むくみの予防に役立ちます。 
  • ナイアシン:アユに含まれるナイアシンは、エネルギー代謝に必要な栄養素であり、食欲不振の改善に役立ちます。

アユは魚介類の中でも人気の食材です。人気の理由は美味しいだけでなく健康やダイエットにも効果的だからかもしれません。

旬の時期に美味しいアユをたくさん食べて、体も心も健康的にダイエットしましょう!

created by Rinker
ASK sanin 山陰境港
¥3,550(2024/06/16 09:33:39時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい!他白身の魚類でのダイエット効果や栄養素は?

関連記事

タチウオはダイエットに効果的?タチウオは、日本をはじめとする世界中の海で漁獲される魚の一種で、釣りの対象魚としても大変人気の食材です。低カロリーでありながら、タンパク質やビタミン類を豊富に含み、ダイエットにもおすすめです。この記[…]

関連記事

ハモはダイエットに効果的?ハモは、日本を中心に夏から秋にかけて旬を迎える魚の一種で、高級魚として知られています。主に西日本でよく消費され、夏を旬としています。氷で冷やし込んだハモの湯引きの梅肉和えは京都の夏の風物詩です。[…]

関連記事

イワナはダイエットに効果的?イワナは、淡水魚の一種で、脂肪分が少なく、低カロリーでありながら、タンパク質やビタミン類を豊富に含んでいます。釣りの対象魚としても非常に人気で、渓流に生息し養殖も行われています。旬の時期は夏です。[…]

関連記事

ニジマスはダイエットに効果的?ニジマスは、味が良く、健康にも良いサケ科の淡水魚です。DHAやEPAなどの必須脂肪酸や、ビタミンDなどが豊富に含まれており、栄養価が高いことから、健康食材として人気があります。お寿司やお刺身などで利[…]

関連記事

ニシンはダイエットに効果的?ニシンは、北海道や三陸沖を中心に日本各地で漁獲される小型の魚で、塩焼きや煮物などの料理に使われます。低カロリーでありながら、タンパク質やオメガ3脂肪酸、ビタミン類を豊富に含む健康食材です。この記事では[…]

『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!