【いわし缶レビュー】『マルハ 秘伝いわし蒲焼』香ばしい香りと複雑な味!

【いわし缶レビュー】『マルハ 秘伝いわし蒲焼』香ばしい香りと複雑な味!

【いわし缶レビュー】『マルハ 秘伝いわし蒲焼』香ばしい香りと複雑な味!

以前紹介した『マルハ いわし蒲焼』の上位品?

こちらの商品、スーパーでは以前紹介した『マルハ いわし蒲焼』のとなりに置いてありました。何が違うのかよくわかりませんが、メーカー公式サイトによると「特製のタレを丁寧につけ焼きしたいわし蒲焼缶詰です。」とのこと。つまり普通のいわし蒲焼よりも上等ということなのでしょう。

マルハ 秘伝いわし蒲焼
マルハ 秘伝いわし蒲焼

食べてみる

缶詰にたっぷりの蒲焼が入っています。薄い缶なので持ち運びがしやすいのもポイントの一つ。たっぷりのタレに漬け込まれたいわしが食欲をそそります。

缶を開けたところ。いわしがぎっしり
缶を開けたところ。いわしがぎっしり

お皿に出してみるとこんな感じです。約2尾分のマイワシが使われていると思われます。
お皿に出してみる。蒲焼の香り
お皿に出してみる。蒲焼の香り

より本格的な蒲焼の味と香り!

香ばしい蒲焼の香りがさらに強くなっています。炭火で焼いたような香りがするのもスゴイところ。これは温めてごはんに盛り付けたら完璧な蒲焼丼になるんじゃないでしょうか!本当にうなぎの蒲焼なんて食べてる場合じゃないですね。うなぎ1パックでこの缶詰5個くらい買えるんですよ!

うなぎの蒲焼なんて食べてる場合じゃない。時代はいわしだ
うなぎの蒲焼なんて食べてる場合じゃない。時代はいわしだ

レモン果汁のせいか、複雑さが加わった深みのある味

普通のいわし蒲焼缶詰と比較するとなにか酸味のような複雑な味を感じたのですが、これはレモン果汁のおかげかもしれませんね。このおかげで深みのある味が出ているように思います。本格的なお店で食べるような味です。

ほろほろと崩れて食べやすい。よい香りと本格的な味
ほろほろと崩れて食べやすい。よい香りと本格的な味

温めたらさらにおいしいかも!

今回は朝ごはん代わりに缶を開けてそのままの状態で食べたのですが、このいわし蒲焼は温めると香ばしさが引き立ってもっとおいしく食べられると思います。温めて粉山椒でも振りかけてごはんに乗せれば、200円くらいで買える缶詰には絶対に見えないでしょう!

『マルハ いわし蒲焼 秘伝つけ焼き』原材料表示など

原材料表示

名称:いわし蒲焼
原材料名:いわし、糖類(砂糖、糖みつ)、しょうゆ加工品、しょうゆ、発酵調味料、香辛料、レモン果汁、でん粉、食塩、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香料、(原材料の一部に小麦を含む)
固形量:80g
内容総量:100g

マルハ 秘伝いわし蒲焼 原材料表示
マルハ 秘伝いわし蒲焼 原材料表示

栄養成分表示 1缶分(100g)

エネルギー:218kcal
たんぱく質:17.4g
脂質:12.5g
炭水化物:9.0g
ナトリウム:480mg
DHA:900mg
EPA:2600mg
食塩相当量:1.2g

マルハ 秘伝いわし蒲焼 栄養成分表示
マルハ 秘伝いわし蒲焼 栄養成分表示

めだか水産の独自評価

価格帯:★★(200円くらい)
あっさりこってり度:★★★(タレがとろっと)
下手なうなぎ蒲焼よりも美味しい度:★★★★★

イワシ・いわし缶カテゴリの最新記事