青魚イワシの健康効果がスゴイ。EPA、DHAで薄毛や血液サラサラ、栄養も豊富な秘密を大公開!

青魚イワシの健康効果がスゴイ。EPA、DHAで薄毛や血液サラサラ、栄養も豊富な秘密を大公開!

イワシの健康効果に注目が集まっている

青魚の代表選手といえばイワシですよね。塩焼きや丸干し、刺身やお寿司にも向いている美味しい魚として日本人に古くから親しまれている、いわば大衆魚です。

これは現在豊漁のマイワシ
これは現在豊漁のマイワシ

近年、そんなイワシの健康効果が注目されているってご存知ですか?この記事では、そんなイワシの青魚健康パワーを皆さんにご紹介します。

そもそもイワシってどんな魚?

日本で『イワシ』と名前がついて一般に流通している魚には主に3種類が存在します。

ウルメイワシの鮮魚。目がキレイです
ウルメイワシの鮮魚。目がキレイです

煮干しやアンチョビ、オイルサーディンなどの原料となる「カタクチイワシ」、めざしの原料となる「ウルメイワシ」、そして大群をつくって日本各地を回遊し、日本で最も多く漁獲される『真のイワシ』である「マイワシ」です。

今話題になっているのは「マイワシ」

このうち、テレビや新聞などで健康効果が話題になっているのは「マイワシ」です。マイワシ(以下、イワシ)は脂肪分を多く含み(つまり脂のりがよく)、大量に水揚げされる特徴があります。

人間の食糧としてイワシ缶や干物、つみれなどに利用されるほか、養殖魚や家畜の餌として、それから畑の肥料としても利用されてきました。

イワシの脂質に含まれるEPAの健康効果が話題

冒頭に示したように、そんなイワシが最近になってまた熱い視線を浴びています。

その理由は、イワシの脂に含まれる『EPA(エイコサペンタエン酸)』という栄養素に様々な健康効果があるということがわかってきたからなんです。

脂の乗ったマイワシの刺身。血合いの上にある白い部分が脂です。EPA,DHAがたっぷり
脂の乗ったマイワシの刺身。血合いの上にある白い部分が脂です。EPA,DHAがたっぷり

イワシに含まれる不飽和脂肪酸「EPA」とは?

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、人間の体内で合成することができないため食べ物などから摂取する必要がある『必須脂肪酸』の一種です。

もう少し詳しく説明すると、必須脂肪酸にはωー3系(オメガ3、n-3)脂肪酸と呼ばれる種類と、ω-6系(オメガ6、n-6)脂肪酸という種類があります。

オメガ6系脂肪酸にはリノール酸やγリノレン酸(ガンマリノレン酸)などがあり、大豆油やコーン油、紅花油などの食品に多く含まれています。

一方オメガ3系脂肪酸EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などがあり、これらのEPAやDHAがイワシやサバを代表とする青魚に、具体的には魚の脂(魚油)に多く含まれているのです。

EPAが引くほど多い
EPAの量をアピールする製品も増えてきています

現代の私たちの食生活では、オメガ6系脂肪酸の摂取はじゅうぶん摂取しているとされる一方、オメガ3系脂肪酸は不足しがちです。

EPAの効果とされるもの

イワシに多く含まれるEPAにはどんな効果があるのか、気になりますよね。実際に効果があるかどうかは研究によって様々なのですが、一般に有効といわれているものについて説明します。

※また、これらの効果はEPAやDHAのサプリメントを摂取することでは効果がないとする声もあります。

動脈硬化による心臓病などのリスク低減効果

EPAが不足すると、動脈硬化がすすむことによる心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まることが知られています。

現代人の3代疾病であるこれらの病気は、イワシなどの魚を摂取しなくなったことによるものなのかもしれませんね。

EPAによる中性脂肪の減少

中性脂肪の値が気になる方も多いと思います。EPAは血中の中性脂肪の値を減少させてくれるとされています。

メタボリックシンドロームという言葉が一時期話題になりましたが、もはやメタボが当たり前になってしまったような気さえあります。高脂血症や高血圧による心臓や血管の病気を予防するためにもEPAを摂取するべきという声もあります。

イワシ缶のEPAで薄毛に効果あり!?

イワシに多く含まれるEPAは薄毛に効果があるとさえいわれています。テレビ番組で実際にイワシ缶生活を続けたお笑い芸人さんに効果があったそうです。

『マルサ笹谷商店』の『大鵬いわし味付』
『マルサ笹谷商店』の『大鵬いわし味付』

これらの効果はイワシによるものだけでなく、規則正しい生活を行うことがまずは最も大切です!

イワシはそれ以外にもたくさんの健康効果が!

これまでに述べたEPAの効果のほか、イワシにはもっとたくさんの健康効果があります。食べ方とともにその効果を説明します。

イワシ缶にはカルシウムやビタミンが豊富

ブームの兆しがあるイワシ缶。イワシ缶は骨ごとほろほろになるように加熱しているため、骨に多く含まれるカルシウムを効率よく摂取することができます。

また、イワシ缶なら皮もそのまま食べることができます。魚の皮にはコラーゲンやビタミンA、ビタミンB2が多く含まれているとされています。

『大鵬いわし味付』とろける脂が最高!
イワシ缶なら皮も骨も脂も摂取できる

同様にしらす干しもイワシをそのまま摂取できるため、効率的にカルシウムやDHA、EPAを摂取することができます。

極上のイワシ缶やサバ缶ならめだか水産直販部へ

ここまで記事をお読みいただきありがとうございます。

めだか水産直販部では、EPAやDHAを多く含む脂のりのよいイワシ缶やサバ缶を数多く取り扱っております。

一般にはなかなか出に入らない極上品ばかりですので、ぜひ一度ご覧くださいませ。

イワシ・いわし缶カテゴリの最新記事