【いわし缶】花粉症にイワシやサバなどの青魚は効果あり?効果なし?EPAやDHAのアレルギー緩和効果を調べてみた

【いわし缶】花粉症にイワシやサバなどの青魚は効果あり?効果なし?EPAやDHAのアレルギー緩和効果を調べてみた

いわし缶は花粉症に効果あり?めだか水産に質問がありました

テレビで連日話題になっているイワシ、いわし缶の健康効果。様々な栄養素と健康効果が知られるようになってきたこの頃ですが、先日読者の方よりこんなご質問をいただきました。

こんにちは。いつもめだか水産広報部をチェックしています。
イワシやサバなど青魚に含まれるEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が健康に良いのはよくわかったのですが、
もしかしてこれからの季節、イワシなどの青魚に花粉症への効果があったりするのでしょうか?

日本人の国民病ともいえる花粉症。これからの季節はマスクや薬が手放せない…という方も少なくないと思います。

花粉症にはこれまでヨーグルトや納豆、チョコレートなどの食べ物が有効との話がありましたよね。

イワシやサバなどの青魚に含まれるEPAやDHAはご質問内容のとおり動脈硬化や痴呆、薄毛など様々な効果があることは知られるようになってきましたが、花粉症に効くというのはこれまで聞いたことがありませんでした。

そこで、各種論文などを用いて調べてみました!

花粉症とEPA・DHAの関係について論文が見つかったものの…

こちらの論文では、青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)がアトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果があったことが示されています。

エイコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸の抗アレルギー作用について脂質栄養学 第15巻第1号(2006) 竹尾仁良、山下伸也、米田耕造 日本水産株式会社中央研究所 香川大学医学部附属病院皮膚科学教室

引用:上記の12週後までのデータがとれた16例における紅斑、丘疹、苔癬化、掻痒の各症状は、試験開始後12週後までに有意な改善(p<0.05)が認められた(Fig.1))。 全般改善度は、症状悪化のために途中で試験を中止した2例を含む12週後までのデータがある18例を評価対象とした場合、12週後には、著明改善1例(5.6 %)、中等度改善7例(38.9 %)、軽度改善5例(27.8 %)、不変3例(16.6 %)、悪化2例(11.1 %)と なり、軽度改善以上が 18 例中 13 例(72.2 %)であった (Fig.2A)。

ということで、上記の論文では抗アレルギー作用があることが示唆されています。しかしながら、花粉症についての直接的な検証は行われていない様です。

EPAはアレルギー性結膜炎に効果がありそう

もう一つ見つかった情報としては、イワシなどの青魚に含まれるEPAなどのオメガ3脂肪酸がアレルギー性結膜炎(花粉症)を改善させるというものです。

該当の論文はこちら(英語論文です)→https://www.fasebj.org/doi/abs/10.1096/fj.201801805R
https://www.juntendo.ac.jp/news/20181105-04.html
※順天堂大学のwebサイトへ移動します

これによると、オメガ3脂肪酸を豊富に含むアマニ油や魚油(魚の脂)がアレルギー性結膜炎を改善させるということです。

どうやら目のかゆみや目やになどの症状には効果がありそうですね。しかし花粉症の症状は様々。鼻水やくしゃみなどに効果があることは示唆されていません。

引き続きイワシと花粉症の関係について調査中!

今回調べてみた結果、めだか水産としての結論としてはイワシなどの青魚に含まれるEPA、DHAが花粉症に効くとの確証を得られなかったので、効果がある事は断言出来ません。

ただし、アトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎には効果がありそう、という情報が発見できました。気になる方は是非原文をしっかり読んでみてください!

何にしてもイワシはこれから大ブームの予感!食べて美味しく健康にも良い食材ですので、これからもどんどん摂取していきましょう!

イワシ・いわし缶カテゴリの最新記事