活きたクルマエビの驚きの生態。おがくずに包まれて産地からやってくるのはなぜ!?何日もつの?

活きたクルマエビの驚きの生態。おがくずに包まれて産地からやってくるのはなぜ!?何日もつの?

活きたクルマエビって、産地からおがくずに包まれて輸送されるって知ってましたか?今回はそんなクルマエビの輸送方法について解説します。これを読めば誰かに話したくなること間違いなしですよ!

クルマエビはおがくずに包まれて活きたままやってくる!?

まずはこれを見てください。白い袋の中には湿ったおがくずが…。これ、何が入っていると思いますか?

おがくずに包まれたなにか
おがくずに包まれたなにか

タイトルからまるわかりですが、なんとこの中には元気いっぱいの新鮮な活きたクルマエビが入っていたのです!実は活きたクルマエビはこのようにして産地から市場へ運ばれていきます。

おがくずの中から出てきたクルマエビ
おがくずの中から出てきたクルマエビ

産地から直接クルマエビを輸送してもらっているお寿司屋さんや天ぷら屋さんも、こうしておがくずに包んで運んでもらっています。

おがくずに包まれている理由

クルマエビは沖縄県や鹿児島県などで養殖され産地から市場へと輸送されるのですが、活きたエビならではの香りと食感、色がクルマエビの持ち味。活きていなければクルマエビの価値はぐっと落ちてしまいます。

鮮度こそがクルマエビの命。この美しさを見てください
鮮度こそがクルマエビの命。この美しさを見てください

それで考案されたのがなんとこのおがくずに包んでの運び方。前回の記事でもご紹介しましたが、自然状態のクルマエビは流れが比較的緩やかな湾内の泥や砂の中に暮らしています。そのため、こうして濡らしたおがくずに包んであげると自然環境に近くなりおとなしくなるのかもしれません。

おがくずから出てきたクルマエビ
おがくずから出てきたクルマエビ。かわいい

なぜおがくずの中でも生きていけるの?

ちょっと食材から離れて生物の話になるのですが、エビやカニなどが含まれる十脚目というグループは殻の内側(クルマエビでは頭のあたり)に、呼吸器官であるエラがあります。

クルマエビのエラはこの殻の下にあります
クルマエビのエラはこの殻の内側にあります

このエラが湿っていれば、空気中の酸素をエラの水分を通して取り込むことができるのです。カニやザリガニ、ヤドカリなども形は違いますがクルマエビと同じく十脚目というグループに属しています。彼らが陸の上で歩き回っているのと同じことですね。そのため濡らしたおがくずに包んでエラの乾燥を防いでいたのです。以下にめだか水産で撮影した動画を紹介します。エラの動きがよくわかります。

もちろん生きていけるといっても短期間のみでの話です。輸送されたクルマエビは市場に入荷すると、すぐに大きな水槽に入れらて大きさごとに選別されます。おがくずはあくまでも元気な状態で運ぶための手段なんですね。

エビは死んでしまうと価値が半値以下!?

実はエビは死んでしまうとすぐに自分の体内にある酵素で自己消化を起こしてしまい、急速に鮮度が低下していきます。クルマエビでは全身の色が褪せてしまい、足の部分から赤くなってきて、こうなると味も食感もぐっと落ちてしまいます。

クルマエビ。完璧なフォルムだと思いませんか
これが「あがり」のクルマエビ。完璧なフォルムだと思いませんか

市場ではこうしたエビを「あがり」と呼び、活きたエビの半値以下で販売されることもあるほどです。それでもとっても美味しいのですが。ご家庭でエビを調理する際も、前述の理由からニオイが出るのが早いので、殻などはゴミ捨ての日まで冷凍しておくと良いかもしれません。

豆知識!甘えびは鮮度が落ちたものほど甘い!?

前述したエビの鮮度落ちですが、例外があったりします。回転すしなどでも人気の甘えび(ホッコクアカエビ)は、実は獲れたてのものを食べてもちっとも甘くないんです。あのとろけるような食感もなくてなんだか味気ないくらい。実は甘えびは死後、自らの体内にある酵素によって自己消化を起こしていきます。その消化によって体内の筋肉(たんぱく質)をアミノ酸に変化します。自己消化が起こるため、甘えびはあのとろける食感と甘さになるのですね。海外で甘えびの仕入れを行っている友人から聞いた話では、普通の魚なら漁獲してから船ですぐに凍結したもののほうがおいしいのですが甘えびは漁獲してから陸に水揚げしてから凍結したもののほうが美味しいそうです。驚きの甘えび豆知識でした。

活きたクルマエビは最高の美味しさ!茹で方と準備について

閑話休題。活きたクルマエビは高級なお寿司に使われるくらいですから本当に美味しいです。今回はシンプルに塩ゆでにしてみました。

築地の仲卸さん曰く、料理する30分前くらいから冷凍庫に入れておけばおとなしくなるよ。とのことだったので、冷凍庫にイン!その間にお湯を沸かして塩を入れておきます。

おがくずを落としたクルマエビ
おがくずを落としたクルマエビ

おがくずをきれいに洗い流して沸騰したお湯に放り込みます。みるみるうちに赤くなっていくクルマエビたち。

塩ゆで中のクルマエビ
塩ゆで中のクルマエビ。2-3分でゆであがります

2-3分ほど茹でて、ザルにあげていただきます。

茹で上げ後。この美しさも魅力のひとつ
茹で上げ後。この美しさも魅力のひとつ

この赤さと美しい模様こそが活きたクルマエビならではです。とはいえご家庭で活きたクルマエビを調理するのはなかなかハードルが高いと思います。めだか水産直販部では、クルマエビに負けない美味しさの、鮮度の良いフラワーエビやブラックタイガーなどを販売しています。ぜひめだか水産直販部をご覧ください!

この世の「うまい」を詰め込んだ美味しさ
この世の「うまい」を詰め込んだ美味しさ

エビカテゴリの最新記事