道具箱を水槽に!?安い、軽い、黒い、メリットたくさん『NVボックス』の魅力を紹介

道具箱を水槽に!?安い、軽い、黒い、メリットたくさん『NVボックス』の魅力を紹介

メダカの飼育に便利な『道具箱』

メダカの飼育には水槽や鉢が一般的ですが、実は水が漏れない容器であれば意外と問題なく飼育できちゃうものなんです。

一部のメダカ愛好家の方々の間では以前から『道具箱』が用いられています。それが今回紹介する『NVボックス』です!

みんな大好きNVボックス
みんな大好きNVボックス

正直言って見た目はいまいちですが、それ以上に利点があるアイテムです!とくにたくさんの品種を飼育している方におすすめです。※あくまでも本来の用途は道具箱です。

NVボックスの魅力

安い

なんといっても価格が安いのがNVボックスの一番のメリットだと思います。我が家で使っている『NVボックス13』は内寸245×365×140mmで約12.5リットルの水量なのですが、これがなんと1個300円~500円くらいで販売されているんです。

同じ水量の水槽は30cm規格水槽が最も近い水量となります。30cm水槽ですと約1000円くらいはするので、なんと1/3程度の値段で容器が手に入るってことなんです!すごいぞNVボックス!

メダカの飼育には稚魚用の水槽や品種別の水槽など、こだわり始めるとどんどん水槽が増えていってしまいます。価格が安ければ気軽に水槽を増やすことができますよね。

軽くて移動しやすい、積み重ね可能

軽くて持ち運びがしやすいのもNVボックスのメリットのひとつです。水槽の立ち上げやリセットなどで移動させるのも、本数が多いとけっこう大変なんですよね。軽くて取り扱いやすいので掃除や移動が簡単なのは意外と重要だったりします!

さらに特徴は「積み重ねられる」こと。使わない時期には重ねておくことで簡単に収納できます。さすが本来の用途は道具箱なだけあります!

水槽代わりに利用している人は多い
水槽代わりに利用している人は多い

黒い

赤色系のメダカは黒い容器を使用することで赤色が強くなることが知られています。水槽では色落ちしてしまうメダカも、NVボックスを使うことで色落ちせずに育てる効果が期待できるかもしれません。

NVボックスのデメリット(弱点)

見た目がよくない

道具箱なので当たり前なのですが、NVボックスの見た目は決して良いとはいえません。完全に道具箱です。知らない人が見たらメダカを飼育しているとは思えないかもしれません。見た目が良くないと家族からメダカ飼育の趣味を理解されなかったりすることもありますので、その点はじゅうぶん注意したほうがよいでしょう。

横から観察できない

NVボックスはただの箱ですので、水槽のように横からメダカの様子を観察することができません。横から観察することで病気や体形の異常、繁殖行動などを発見することができるので、水槽よりもメダカの体調変化に気が付きにくくなる可能性があります。慣れれば上から観察しても変化がわかるようになるんですけどね。

ただの道具箱なので過度な期待は禁物!

ということでメダカ飼育に大人気のNVボックスですが、本来の用途は道具箱であるということはきちんと理解しておきましょう。水を入れることは想定していないと思われますので、長期間による使用での水漏れや劣化などが発生しないとも言い切れません。あくまでも自己責任ということを頭に入れておきましょう!

メダカカテゴリの最新記事