水槽でのメダカ飼育におすすめのフィルターは?初心者は投げ込み式フィルターが安値で使いやすい!

水槽でのメダカ飼育におすすめのフィルターは?初心者は投げ込み式フィルターが安値で使いやすい!

水槽でのメダカ飼育にはフィルター設置がほぼ必須

メダカを飼育する際には大きく分けて室内の水槽での飼育か、屋外で鉢やプラケースなどでの飼育になります。

最近は横から観察するいわゆる『横見』でも楽しめるメダカが増えてきたので、水槽飼育の方も多いと思います。

水槽でメダカを飼育する際には、飼育する水量とメダカの数にもよりますが基本的にろ過器(フィルター)の設置が必要になってきます。

今回はフィルターの中でも『投げ込み式フィルター(いわゆるブクブク)』と呼ばれているものを紹介します。

投げ込み式フィルターの仕組み

投げ込み式フィルターの仕組み
投げ込み式フィルターの仕組み

投げ込み式フィルターは空気の力を利用して水を循環し、フィルター内のろ材(スポンジのような素材)部分で汚れを濾し取るとともにろ過バクテリアを繁殖させます。

ろ過バクテリアたちはメダカが出した糞や食べ残しの餌などを、メダカたちに無害な物質に分解してくれる役割があるのです。※詳しく説明すると難しいので、ざっくりこんなイメージです。

投げ込み式フィルターを使用するには、空気を送り込む装置である『エアポンプ』が必要となります。

投げ込み式フィルターにはエアポンプが必要

前述したとおり、投げ込み式フィルターには『エアポンプ』が必要になります。フィルターに付属されている場合もありますがたいていは別売りです。

これがエアポンプ
これがエアポンプ

この装置からゴムチューブで空気を送り込み、フィルターから空気をブクブク出すわけですね。

メダカは本来流れのゆるやかな小川などに生息します。外部フィルターや外掛けフィルターなどは、小さな水槽では水流が強すぎる場合があるので注意してください。

ちなみにモーターを使って空気を送り込む装置なだけあって、動作音がけっこう大きいです。寝る場所と近い位置でメダカを飼育する方は、静穏性に優れたエアポンプを選ぶことを強くおすすめします。おすすめのエアポンプは『水心』シリーズです。

メダカにおすすめのフィルター『水作エイト』

投げ込み式フィルターといえば定番の存在、それが『水作エイト』です。ホームセンターからアクアリウムショップまでどこでも手に入る手軽さ、価格の安さ、ろ材の丈夫さなどが人気の秘密かと思います。

メダカに限らず熱帯魚飼育でもみんな大好き水作エイト
メダカに限らず熱帯魚飼育でもみんな大好き水作エイト

もちろん安値ですがろ過力もじゅうぶんで、我が家では60cm水槽に水作エイトM1個のみで運用しています。※ただし水替え頻度はかなり高いです
水作エイトのろ材
水作エイトのろ材

迷ったらまず水作エイトにしておけばよいのではないでしょうか。

安値が魅力でセット売りも多い『ロカボーイ』

水作エイトとともに投げ込み式フィルターの定番なのが『ロカボーイ』です。エアポンプやメダカ水槽セットなどで販売されていることも多く、使っている方も多いと思います。

ロカボーイ
ロカボーイ

このろ材は活性炭が入っていること、安価であることなどが特徴です。ホームセンターなどでは水作エイトがなくてロカボーイだけ置いてある、なんてこともあります。
ロカボーイのろ材
ロカボーイのろ材

メダカ飼育にも基本的にはフィルターは必要

水量が多くてメダカの生体が少ない場合(飼育密度が少ない場合)や、水換えを頻繁にする場合は別として、基本的にメダカ飼育にフィルターは必要です。

設置自体は簡単で安価にできるので、元気にメダカを飼育するためにフィルターを設置してあげましょう。

メダカカテゴリの最新記事