• 2021年7月3日
  • 2021年7月3日

餌やり、水替え、産卵、稚魚の育て方…メダカの飼育にまつわる疑問を解消!

メダカの飼育にまつわる疑問を解消しましょう メダカの飼育についてのあなたの疑問を解消する記事を紹介しています。 Instagram、Pinterestで気になる記事がありましたら、目次から関連するテーマへ移動し記事をご覧ください。 餌やりで困ったら メダカの飼育でもっとも基本的なこと、それが餌やりです。 当たり前の話ですが、やる餌の量は多すぎても少なすぎてもいけません。多すぎては餌の食べ残しやフン […]

  • 2021年4月22日
  • 2021年5月8日

より鮮度よく、衛生的に。魅力的な魚をつくる『奄美漁業協同組合』さんの取り組み

南の島のリゾートといったイメージがある奄美大島は、高値で取引される高級魚が数多く水揚げされる場所でもあります。一本釣りでの船上活け締め、ウルトラファインバブル水処理による鮮度保持など、奄美漁業協同組合(奄美漁協)さんの魚に対する想いを込めた取り組みを紹介します。

  • 2021年4月19日
  • 2021年5月8日

和食・日本料理の食材なら豊洲市場「築地永井商店」へ

果物や野菜をまとめて【青果(せいか)】と呼びます。豊洲市場には全国から野菜や果物を集荷し、東京近郊のスーパーや八百屋さん、飲食店などへの流通を円滑に行う卸売機能があります。青果市場にももちろん卸売業者と仲卸業者が存在し、それぞれの『目利き』で魅力的な食材を流通させています。今回はそんな青果市場の仲卸のひとつである「築地永井商店(つきじながいしょうてん)」さんをご紹介致します。

  • 2021年4月10日
  • 2021年5月8日

流通のプロが教える、魚の流通と本当に美味しい魚売場を見つけるポイント

鮮魚店に足を運んだ記憶ってありますか?昔ながらの個人経営の鮮魚店は時代とともに激減し、とくに都会では今や絶滅状態です。良質な鮮魚店を見分けるには、まずは鮮魚の流通ルートを少しでも知っておく必要があります。より美味しい鮮魚店を選ぶにはどのようなポイントがあるでしょうか?

  • 2021年4月9日
  • 2021年5月8日

豊洲市場の仲卸に聞いた干物の冷凍・解凍方法と美味しい焼き方

家で美味しく干物を焼きたい! 魚離れという言葉すら聞くことが少なくなった現代、食卓にもっとも近い魚の加工品と言えば干物ではないでしょうか。 アジの開きやサバの一夜干し、大きなホッケの開きなど、干物はご飯のおかずや酒の肴にあると嬉しい、日本人にはなじみ深い食べ物といえます。 そんな干物ですが、お店で焼いてもらったものと自宅でグリルやフライパンで焼いたもので、なぜこんなに味が違うの?と思ったことはあり […]

  • 2021年4月7日
  • 2021年5月8日

豊洲市場の仲卸へのアクセス、仲卸売場棟への行き方

豊洲市場にも仲卸(なかおろし)業者がたくさんお店を構えています。豊洲市場の最寄り駅はゆりかもめ線『市場前』駅です。東京方面からお越しになる場合は新橋駅や豊洲駅から乗車するのがおすすめです。アクセスからおすすめスポットや注意点などを紹介しています。

  • 2021年3月12日
  • 2021年5月8日

干物・塩干品の仕入れなら豊洲市場の【瀬古】へ

全国から塩干品が集まる【豊洲市場】 日本最大級の中央卸売市場、豊洲市場。2018年10月に前身となる築地市場より移転し、新たに都民の台所として開場しました。 豊洲市場と聞くと新鮮な鮮魚や豪快なマグロのセリなどのイメージが強いかもしれませんが、豊洲市場は全国各地から加工品が最も多く集まる市場でもあります。 とくに食卓を飾る干物や漬魚、魚卵などの塩干品は、日々膨大な量の取引が行われ、小売店や飲食店など […]

  • 2021年3月6日
  • 2021年5月8日

暖かい接客、アジやイワシなど大衆魚と千葉の魚に強い【東京鈴木屋】

東京鈴木屋さんは、鮮魚を専門に扱う豊洲市場の仲卸業者です。本社は千葉県匝瑳市(そうさし)の「鈴木屋水産」さんです。東京鈴木屋さんの店頭ではほとんど毎日新鮮なキンメダイが並んでいます。銚子つりきんめは鮮度・見た目の色・味ともに全国トップクラス。本当に美味しい魚ですので東京鈴木屋さんにお越しの際は是非お求めください。

RANKING ランキング TOP10

CATEGORY カテゴリごとの最新記事