健康効果は有名、青魚の代表者サバ

サバの美容効果がスゴイ!美味しくてキレイになるサバやサバ缶の選び方を紹介します

サバは美容とアンチエイジングに効果あり!

青魚の代表であるサバ。近年ではサバ缶のブームにより、サバを目にする機会や実際に食べる機会も増えたのではないでしょうか。

イワシやサバなどの青魚は栄養価が高いということはよく知られるようになりましたが、実はサバが美容やアンチエイジングにも効果があるってご存知ですか?

今回はこれまでに数十種類のブランドサバやサバ缶を食べてきためだか水産が、サバのうれしい美容効果を解説します。

健康効果は有名、青魚の代表者サバ
健康効果は有名、青魚の代表者サバ

サバの優れた栄養素と美容効果

美容と健康は切り離せない関係です。サバの美容効果は健康効果とも関連しています。

サバを食べて体の中から美容ケアしましょう!

なんといってもEPAとDHAが豊富!

健康成分として名高いEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は美容にも効果があります。

とくにEPAは血小板の血液凝固作用を抑制することで血栓をつくりにくくする効果があり、いわゆる血液をさらさらにして血流をよくしてくれます。

サバは日本各地で一年中漁獲される
サバの水揚げ風景

そのほかにも血管をしなやかにすることで高血圧を防いだり、血液中の中性脂肪を減少する効果も知られています。

健康で美しい肌や体には全身の血流の良さは大前提です。EPAやDHAで体を内側からキレイにしましょう。

サバの血合いには若返りビタミンが豊富

サバの血合い部分にはビタミンAやビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンAやビタミンEには抗酸化作用があり、粘膜や細胞膜を若々しく保つ効果があることから『若返りのビタミン』ともいわれています。

そのほか、ビタミンEはホルモンバランスを整える働きがあり、更年期障害や生理不順にも効果が期待できる、女性にうれしい栄養素です。

良質なたんぱく質が肌と髪に美しさをもたらす

お肌のトラブルの原因は様々ありますが、たんぱく質など体内の栄養不足によることも多いです。

サバには美容に欠かせない良質なたんぱく質が豊富です。

『良質なたんぱく質』とは、人間の体で作り出すことのできない必須アミノ酸がバランス良く含まれたたんぱく質を指します。

必須アミノ酸のバランスは『アミノ酸スコア』という数値に換算され、この数値が100に近いほど良質なたんぱく質といわれています。そしてサバはアミノ酸スコアが100なんです!

良質なたんぱく質は人間のあらゆる部位の源です。弾力と潤いのある美しい肌や艶のある髪を維持するには必須でしょう。

サバとやる気。それが一番大事
ずっと泳ぎ回るサバはたんぱく質が豊富

美容効果の高いサバやサバの選び方

脂が乗った旬のサバを選ぼう

サバの美容効果として前述したEPAやDHAは、サバの脂肪分に含まれています

サバをはじめとして魚類は産卵期の前にあたる旬の時期(秋~冬)にもっとも脂と栄養分がのります。

そしてサバは小型のものよりも大型のもののほうが脂のりが良い傾向があります。

脂ののった〆サバは美容に良し!
脂ののった〆サバは美容に良し!

つまり旬の時期に獲れた、脂がのった大型のサバほど美容効果が高いといえるのです。

魚の販売が得意なスーパーや魚屋さんでは、シールなどで旬の表示があると思います。

旬の新鮮な美味しいサバを食べて、心からキレイになりましょう!

サバ缶なら側面の表示をしっかり確認しよう

手軽にサバを摂ることができ、なおかつ美味しくてアレンジも効くサバ缶。美容と健康にとても助かる食材です。

近年のEPAやDHAへの注目から、缶の成分表示にもEPAやDHAの含有量が書かれていることがあります。

EPA、DHA含有量は栄養成分表示の欄外に書かれている

もし側面に具体的な数値の記載がなければ、『旬のサバを使っているか』『大型のサバを使っているか』で判断するのが良いと思います。

また、サバ缶を食べ続けるには美味しさも欠かせません。美味しさのポイントとして、個人的には『国産の原料を使っているか』も考慮するべきと考えています。

セブンプレミアム 国産さば水煮
国産のさばを使っているかは美味しさのポイント

国内製造のサバ缶でも、鮮度が落ちた中国産のサバを使っている場合もありますので注意してください。

できるだけ美味しいものを食べたほうが、心も体も美しくなれるのではないでしょうか。

サバの食べすぎは問題ないの?

鮮度によっては『ヒスタミン中毒』に注意

サバを食べたらじんましんが出てしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしサバのアレルギーをお持ちでないとすると、鮮度が落ちたサバによる『ヒスタミン中毒』かもしれません。

美しく並んだ金華さばにため息を禁じ得ない
切り身でも缶詰でも、できる限り新鮮なものを選んで

サバやカツオなど赤身の魚に存在するヒスチジンというアミノ酸は、細菌の酵素によってヒスタミンとなり、じんましんなどを引き起こします。

ということで食べすぎに注意というよりも鮮度に注意が必要かもしれません。

『サバの生き腐れ』という言葉もあるほど、サバは鮮度が落ちやすい魚です。美容と健康のためになるべく鮮度の良いものを選びましょう。

まとめ:サバは美容と健康に効果的なスーパー食材

  • EPAとDHAが血流を改善、美容と健康に効果
  • 血合いにはホルモンバランスを整える『若返りビタミン』が豊富
  • アミノ酸スコア100!良質なたんぱく質が摂れる
  • 美味しくキレイになるために脂が乗った旬の大型のサバがオススメ

サバの美容関連記事はこちら

関連記事

[adcode] サラダチキンに続け!サラダフィッシュとは? 近年非常に人気を集めているコンビニフード、サラダチキンは皆さんご存知ですよね。すでに日本人の食生活にマッチした感があるほどのヒット商品です。 そのまま朝食や昼食に、おや[…]

これが最新の魚食文化だ!セブンイレブンの『サラダフィッシュさば』を魚のプロがご紹介します
関連記事

[adcode] フライパンでもキレイに焼き目を付けて美味しく塩焼きしたい! サバの旬は秋から冬。『秋サバは嫁に食わすな』という諺があるほど(現代人の私には好きな言葉ではありませんが)秋はサバに脂がのってがおいしい季節というのは古くから[…]

フライパンで美味い塩焼き作りたい
関連記事

[adcode] イワシの健康効果に注目が集まっている 青魚の代表選手といえばイワシですよね。塩焼きや丸干し、刺身やお寿司にも向いている美味しい魚として日本人に古くから親しまれている、いわば大衆魚です。 [caption id="at[…]

青魚イワシの健康効果がスゴイ。EPA、DHAで薄毛や血液サラサラ、栄養も豊富な秘密を大公開!
関連記事

[adcode] サバ缶の種類が増えすぎてどれを買えばいいのかわからない! サバ缶を選ぶとき、いろんな種類があって選び方がわからない!TV番組では製造日や賞味期限を確認するべきって言ってたけど本当? など、いろんな疑問があるかと思[…]

【サバ缶・いわし缶】美味しいサバ缶を見つける方法って?見分け方、見るべきポイントを紹介します
健康効果は有名、青魚の代表者サバ
『次世代のおさかな好きを創る』をテーマに毎日更新中!