いわし缶

1/2ページ

【いわし缶レビュー】マルハニチロ 釧路の大羽いわし味付が最高峰の旨さ

先日食べて非常においしかったいわし缶をご紹介します。いまTVやSNSなどではサバ缶がよく取り上げられており空前のサバ缶ブームになっています。これからは豊漁になっているマイワシを使ったいわし缶が主流になってくるでしょう。そういうことで、まだ誰もやっていない(と思う)いわし缶のレビューを続けています!肝心のお味はもちろんとっても美味しいです!!昔ながらの甘めの魚の煮つけといった印象です。決して甘すぎることはなく、変に醤油くさいわけでもない。身は脂がのっているのでしっとりとして簡単にほぐれます。缶詰にありがちなパサパサとした触感は一切ありません。今まで食べたいわし缶の中でもボリューム・味の面から言えば最高峰かもしれません!

【まとめ】日本さかな検定1級が選んだ!おすすめのいわし缶5選【いわし缶】

次のブームは近年豊漁が続くいわし缶で間違いないでしょう。各メーカーが様々ないわし缶を作っている中、数十種類のいわし缶を食べ比べためだか水産広報部がおすすめのいわし缶をご紹介します。めだか水産広報部は『日本さかな検定1級』という合格率10%の超マイナー資格を取得しています。魚のプロが教えるおすすめいわし缶を是非チェックしてみてください。

いわし缶はダイエットに向いている?不向き?いわし缶の健康効果を調べてみた!

業界ではサバ缶ブームの次に来るのはいわし缶だといわれています。漁獲量からいっても間違いないことだと思います。健康成分として注目されているEPAやDHA、気になるたんぱく質や炭水化物の量などを実際の缶詰をもとに調べてみました。次なるスーパーフードのいわし缶に注目です!

【マイワシの生態】これからはサバ缶じゃなくていわし缶が来る!?マイワシの生態をおさらいしておきましょう!

みなさんが普段「いわし」と呼ぶ魚には、主に3種類あることは前回の記事でご紹介いたしました。今日本国内の水揚げ量が回復傾向にあるマイワシ。これからマイワシ関連商品も増えてくることが見込まれますので、今のうちに抑えておきましょう!生態や最大体長・餌や資源量などの解説です。

【いわし缶レビュー】『丸水札幌中央水産 脂のりが自慢のいわし水煮』脂のりよし、とろとろのいわしが美味しいオススメ缶詰!

この缶詰、市場に出回ったばかりなのか調べてもほとんど情報が見つかりません。これは真っ先にいわし缶マイスターのめだか水産がレビューしなければ!ということでご紹介します。結論から先に申し上げますと、かなり美味しいです。価格も高くないのでこれは人気商品になるのではないでしょうか!それでは『丸水札幌中央水産 脂のりが自慢のいわし水煮』を紹介していきます。

【いわし缶レビュー】『マルハ 秘伝いわし蒲焼』香ばしい香りと複雑な味!

蒲焼といえばうなぎしか浮かばないという方も多いとは思いますが、いわしの蒲焼ってとっても美味しいんですよ。マルハの秘伝いわし蒲焼はどうなんでしょうか?ということで今回もいわし缶をレビューしていきます。今回は朝ごはん代わりに缶を開けてそのままの状態で食べたのですが、このいわし蒲焼は温めると香ばしさが引き立ってもっとおいしく食べられると思います。温めて粉山椒でも振りかけてごはんに乗せれば、200円くらいで買える缶詰には絶対に見えないでしょう!